注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

電子レンジを使えば美味しくなる!とうもろこしの意外な食べ方

家事

2020.07.23

夏の風物詩ともいえる人気食材“とうもろこし”。おやつ代わりに子どもに振る舞う家庭も多いのではないでしょうか。今年6月放送の『あさイチ』(NHK)では、とうもろこしを美味しく食べるための裏技を特集。簡単に実践できるテクニックに注目が集まっているようです。

とうもろこしは皮つきのまま電子レンジに!

とうもろこしの甘みを手軽に引き出す技を教えてくれたのは、千葉県でとうもろこし農家を営む安西淳さん。電子レンジを使ってとうもろこしを美味しく調理するコツを披露してくれました。

 

甘さを強める最大のポイントは、皮つきのまま電子レンジに入れること。皮がとうもろこしの粒を覆うことで、蒸している時に近い状態を再現できます。するとデンプンを糖に変える酵素が長時間活動し、より甘いとうもろこしに仕上がるそう。

 

皮むきの作業が簡単になることも電子レンジ調理の魅力です。やり方はいたってシンプルで、7分ほど温めた後、とうもろこしを根本から2cmのところでカットしてください。後は皮の上の部分を掴んで大きく振るだけ。皮と実の間に隙間ができているため、「ツルン!」ととうもろこしを取り出すことができますよ。

 

>>NEXT とうもろこしの芯を使ったスープに驚き!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る