コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

和田明日香さんの新玉の炊き込みご飯「こんな簡単でいいの!?」

家事

2020.04.03

家庭でも馴染み深い食材といえば、料理に甘みをプラスしてくれる“玉ねぎ”。カレーや牛丼といった子どもが大好きなメニューに欠かせない食材ですよね。先日放送された『スクール革命!』(日本テレビ系)では、食育インストラクターの和田明日香さんが玉ねぎのアレンジレシピを紹介していました。

和田明日香さん特製“新玉ねぎの炊き込みご飯”

“料理愛好家”として親しまれている平野レミさんの息子さんと結婚した和田さん。義理のお母さんと同じように数々のレシピ本を出版する彼女が披露したのは、旬を迎えた“新玉ねぎの炊き込みご飯”です。調理に取りかかると、さっそく洗ったお米(2合)と皮をむいた新玉ねぎ(1個)を炊飯器の中へ。「玉ねぎからも水分が出る」と指南しながら、水を“2合炊き”の目盛まで注いでいました。さらにしょうゆ、酒(各大さじ1)、塩(少々)を加えてフライパンで“から煎り”したじゃこ(18g)を投入。後はいつも通り炊飯器のスイッチをオンにします。

 

炊き上がった炊飯器を開けると、ドンッと鎮座している玉ねぎにスタジオから「お~!」という歓声が。最後に焼きのりとごま油を加えて、新玉ねぎを崩すようにかき混ぜれば完成です。和田さん曰く、「普通の玉ねぎでもできるんですけど、やっぱりこの時期の新玉ねぎが甘くて美味しい」とのこと。

 

手軽に作れるメキシコ料理“アボカドと玉ねぎのワカモレ”

和田さんは他にも、メキシコ料理“アボカドと玉ねぎのワカモレ”をレクチャーしていました。作り方はとても簡単で、まずは中身をくり抜いたアボカドとみじん切りにした玉ねぎをボウルに加えます。さらにレモン汁とおろしニンニク、ゆで卵、マヨネーズ、塩をイン。後は全体が馴染むまでしっかりと混ぜ合わせれば完成です。ペースト状に仕上がった“アボカドと玉ねぎのワカモレ”は、バケットなどにディップして食べてくださいね。

 

玉ねぎを使用した和田さんのアレンジレシピに対し、視聴者からは「玉ねぎを丸ごと1個使用したナイスアイデア! どっちの料理もすっごく参考になる」「“ワカモレ”って初めて聞いたけど、意外と簡単に作れますね。今度パーティー料理として振る舞ってみようかな?」などと賞賛の声が寄せられました。

 

>>NEXT 片栗粉を入れると卵が“ふわふわ”に!?

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る