注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

便利調味料の進化が凄い「うちのチキンソテーがお店で出せる味になった」

家事

2020.05.05

“調味料”といえば塩や醤油、みりんといったものが思いつきますが、最近は一風変わった調味料が続々と開発されている模様。以前放送された『ZIP!』(日本テレビ系)では、最新の進化系調味料を特集していました。

 

味噌パウダーならすぐに味噌汁が完成!

まず番組で紹介されたのは、「田丸屋本店」の「ラー油ビーズ」。ラー油とごま油を海藻由来の成分でコーティングし、ビーズ状に仕上げた商品です。“いくら”のような見た目をしており、例えば冷ややっこにかければそれだけで絶品おかずに。卵かけご飯との相性も抜群なのだそうです。

 

お次は「株式会社 天塩」のヒット商品「まろやか塩レモン」。レモンピールと天然の塩を合わせた調味料で、幅広い料理に活用できます。番組では塩レモンで作ったチキンソテーを、Snow Manの阿部亮平さんが実食。「お肉のうま味に塩レモンのコクが加わって、めちゃめちゃ後味がさっぱりになりますね」と絶賛していました。

 

「カルディコーヒーファーム」で販売されている「味噌パウダー」シリーズは、味噌を粉末状にした調味料。「白味噌パウダー」や「赤味噌パウダー」がリリースされています。一般的な味噌で味噌汁を作ろうとすると、お湯に中々溶けなくて困ることも。しかし味噌パウダーは一瞬で溶けてくれるので、調理の時短化にも最適です。

 

>>NEXT インスタントラーメンを極上味に変える調味料とは?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る