注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ホラン千秋さんの救いようのない茶色い弁当「その姿勢を貫いて欲しい!」

家事

2019.11.21

タレントのホラン千秋さんが11月4日に公開したブログで、日頃のお弁当を紹介。ホランさん自身も「救いようのない」と形容するほど茶色い弁当が、「その姿勢を貫いてほしい」「こういう手があったか…」と反響を呼んでいます。

 

ご飯が進みそうな茶色弁当!


ホランさんは以前から、お弁当づくりで「彩りを気にすることはない」と公言。あえて茶色に統一しているわけではないそうですが、お弁当が茶色くなることもしばしばあるようです。更新されたブログでは「最近のお弁当」として、“三色弁当”を始めとしたいくつかのお弁当を紹介。三色弁当には、白いご飯と卵焼きに挟まれた肉野菜炒めが入っています。

 

真ん中のは… なんだろう。
きんぴらになんかしらの肉を入れたもの…
ちょっと前なので忘れてしまった!

 

と暴露するなど、あくまで豪快なホランさん。他にも炊き込みご飯と鶏つくねにきんぴらが盛りつけられたお弁当の写真を添付して、「救いようのない茶色加減」と自虐していました。

 

別のお弁当は、残っていたつくねに「里芋と舞茸の煮物」も加えてさらに茶色度がアップ。茶色尽くしのお弁当とはいえ、煮物がメインで肉は少なめなラインナップでした。どれもしっかり味が染みて、ご飯が進みそうなメニューです。

 

「雑魚寝弁当」に「荒れ地弁当」!?


ホランさんはほかにも、「雑魚寝弁当」というユニークな名前のお弁当を披露。写真を見ると、贅沢にも白米と赤飯が半分ずつ入っています。かぼちゃ、つくね、きんぴらとおかずの種類も多いお弁当ですが、

 

少しずつ残ってた白米とお赤飯ときんぴらのタッパーを空けたくて無理矢理押し込んだので“雑魚寝”弁当です。

 

と名前の由来を告白。またガパオライス弁当の写真には、

 

スタッフルームで食べてたら、
「なんか… 荒れ地みたいなお弁当ですね」
ってスタッフさんに言われて。
人から、お弁当見て“荒れ地みたい”って言われること、なかなか無いよね…。
題して荒れ地弁当です。。。

 

などと衝撃的なコメントを綴っていました。

 

ブログを見た人からは、

「夕飯の残りを詰めたら、自然とこうなりますよね。飾らなくて好感が持てるし、とても美味しそうだと思いました」

「余りものでお弁当を作ってるところは共感するなぁ。どれも見てるだけでお腹が減ってくる」

と共感の声が続出。

 

また「雑魚寝弁当」や「荒れ地弁当」といった独特のネーミングには、

「ホランさんのネーミングセンス大好き」

「荒れ地弁当は笑っちゃった。自分のお弁当にも、名前つけたら楽しくなりそう」

といったコメントが相次いでいます。

 

究極のアイデア「すき焼き弁当」


ホランさんがある日のお弁当として披露したのは、野菜がぎっしり入った「レタスと牛丼」のお弁当。タッパーいっぱいに敷きつめたレタスを食べる時は、ドレッシングだけコンビニで調達してきたと綴っていました。

 

さらにホランさんが公開したアイデア弁当の中では、「すき焼き弁当」が印象的。なんとご飯が入っているタッパーの半分に、“生の溶き卵”が入っています。ホランさんはこのお弁当について、

 

よく「お弁当のご飯寄ってる。笑」って言われるんですけど、こういう時に役立つんですよ。
こちら側にお米。お米が入ってないあちら側に持ってきた卵を割り入れれば一つの容器で食べられる!!
すき焼きを卵の海にディップして最高に美味しい状態で頂けるのです

 

とアイデアの全容を説明。まさかのお弁当アイデアに、「すき焼き!? さすがに初めて見た…」「目からウロコですね。斬新すぎて思わずうなっちゃいました」と驚きのコメントが寄せられました。自分が「美味しい!」と思える味に忠実なホランさん。他人の目を気にせず、自由なお弁当づくりにチャレンジしてみてはいかが?

 

関連記事:ホラン千秋さんの“独り者の宿命を感じる弁当”に「緑色が無いけど美味しいやつだ!」

 

文/長谷部ひとみ

参照/Chiaki’s Canvas「お弁当。」 https://ameblo.jp/chiakihoran/entry-12542045792.html

Chiaki’s Canvas「お弁当。」 https://ameblo.jp/chiakihoran/entry-12453988536.html?frm=theme

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る