タレントのホラン千秋さんが11月4日に公開したブログで、日頃のお弁当を紹介。ホランさん自身も「救いようのない」と形容するほど茶色い弁当が、「その姿勢を貫いてほしい」「こういう手があったか…」と反響を呼んでいます。

 

ご飯が進みそうな茶色弁当!


ホランさんは以前から、お弁当づくりで「彩りを気にすることはない」と公言。あえて茶色に統一しているわけではないそうですが、お弁当が茶色くなることもしばしばあるようです。更新されたブログでは「最近のお弁当」として、“三色弁当”を始めとしたいくつかのお弁当を紹介。三色弁当には、白いご飯と卵焼きに挟まれた肉野菜炒めが入っています。

 

真ん中のは… なんだろう。
きんぴらになんかしらの肉を入れたもの…
ちょっと前なので忘れてしまった!

 

と暴露するなど、あくまで豪快なホランさん。他にも炊き込みご飯と鶏つくねにきんぴらが盛りつけられたお弁当の写真を添付して、「救いようのない茶色加減」と自虐していました。

 

別のお弁当は、残っていたつくねに「里芋と舞茸の煮物」も加えてさらに茶色度がアップ。茶色尽くしのお弁当とはいえ、煮物がメインで肉は少なめなラインナップでした。どれもしっかり味が染みて、ご飯が進みそうなメニューです。