コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

冷凍王子の食材保存テク「だから野菜は解凍で水っぽくなるのか!」

家事

2019.11.05

2019.11.29

冷凍保存は食品を凍らせて保存するだけだと思っていませんか? 実は冷凍方法のコツを掴めば、さらに多くのメリットが得られるようです。今年10月放送の『くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館』(テレビ朝日系)では、様々な冷凍方法を特集していました。

 

冷凍するとシジミの栄養価がアップ!?


同番組で冷凍テクニックを披露してくれたのは、冷凍王子こと冷凍生活アドバイザーの西川剛史さん。まずは冷凍室の中身を改善して、食材を効率的に冷凍する方法から伝授してくれました。西川さんは食材がパンパンに入っている冷凍室を推奨。食品同士で冷やし合うことで、冷たい温度がキープされます。

 

次に紹介されたのは冷凍するとうま味や栄養がアップする食材。

代表的な食材はキノコで、冷凍するとうま味成分が増加するそう。炊き込みご飯へ入れた場合に、よりおいしくなりますよ。キノコの他にもシジミは冷凍すると栄養素が増え、うま味が出やすくなる食品。冷凍保存する際には、シジミを水に浸した状態で凍らせる“グレージング”を試してみてください。

 

また食品を冷凍保存するタイミングも大切で、買ってきたばかりの食品を1度冷蔵室に入れるのはNG。冷蔵室や常温だと徐々に鮮度が落ちてしまうので、買ってきた後はすぐ冷凍室に入れるのがベストです。

 

野菜ジュースがドレッシングに大変身!?


冷凍保存した魚は、解凍すると水っぽくなってしまうことも。水っぽさを防ぐには冷凍する前に塩を振り、30分ほど放置して魚から水分を抜くテクニックが有効です。その水分を拭いてから冷凍すれば、解凍した後でも水っぽくなりません。

魚と同じく解凍後に水っぽくなりがちな生野菜は、冷凍前に軽くゆでる“ブランチング”を行うといいそう。

 

さらに、同番組では冷凍王子イチ押しレシピも紹介されました。

まずはパックの野菜ジュースをまるごと冷凍する「野菜ジュースシャーベットの豚しゃぶサラダ」。豚肉を使った冷しゃぶサラダの上へ、ドレッシング代わりに凍った野菜ジュースをすりおろすだけで完成です。「野菜ジュースを使うと水っぽくなりそう」と思う人もいるかもしれませんが、凍らせれば水分が少なくなるため心配はご無用。

 

もう1つ冷凍王子のテクニックが光ったのは、野菜を出汁で解凍する「出汁解凍」レシピでした。

汁解凍の方法は野菜をチャックつき保存袋の中に入れて、野菜の上に温かい出汁をかけてとけるのを待つだけ。野菜の中でも特に小松菜は、冷凍することで繊維が崩れるため柔らかくなるそうです。

 

増税対策に「食費の節約」を掲げる人は多い!


冷凍王子の冷凍テクニックに、ネット上では

「シジミって水ごと凍らせるのが正解なのか!」

「野菜と魚を解凍したときに水っぽくなる原因がわからなかった。塩をかけたり茹でるだけで、水っぽさが軽減できるんだね」

「出汁解凍って初めて聞いた。茹でずに解凍できるのはお手軽だし、時短にも繋がりそう」といった反響が。

 

冷凍保存をすれば、食品廃棄が少なくなって余計な出費を防げますよね。巷では消費税が増税されて以降、食品の節約方法に関心が高まっているようです。

レシピサイトを運営するクックパッド株式会社は、今年8月に「消費税率引き上げによる食卓への影響」に関するアンケートを実施。“消費税率引き上げ以降に節約したい生活費は?”と質問したところ、もっとも多かったのは67.8%の票を集めた「食料」でした。

 

また“節約のために普段実施していることは?”と質問すると、55.4%の人があげた「冷凍保存する」が1位に。2位は46.3%の割合で「まとめ買いする」、3位には37.6%で「節約食材を使う」がランクインしています。

 

食費を節約するために冷凍保存を実践する人が多い昨今。正しい冷凍保存方法を身につけて、食品の美味しさを最大限引き出したいものですね。

 

文/牧野聡子

参照/クックパッド株式会社「消費税率引き上げによる食卓への影響」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000095.000027849.html

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る