コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

チャーハンをパラパラにする裏ワザ「フライパンを振るはガセだった!?」

家事

2019.10.20

チャーハンをパラパラに仕上げるのって意外と難しいですよね。今年10月に放送された『くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館』(テレビ朝日系)では、チャーハンの専門店に潜入。チャーハンを美味しく仕上げる方法を見ていきましょう。

 

チャーハンには「炊きたてのご飯」を使うべし!


同番組で取材していたチャーハン専門店「チャーハン王」のメニューは、五目チャーハンとスープのみ。そんな同店の店長が、家庭の弱い火力でも美味しく作れる方法を伝授してくれました。

 

はじめに紹介されたのはチャーハンに使う油。家庭で作る際にはサラダ油に加えて、甘みやうまみが追加されるラードを使うのが1番です。ラードはかなりこってりしていますが、火が入ることによって豚のうまみだけが残るそう。「もうラードしか使わないです! 絶対に」と店長は言い張っています。

 

また油だけではなく、チャーハンに使うご飯も大切なポイント。実は使うご飯によっても、しっとりやパラパラなどの仕上がりが変わります。チャーハンには炊きたてのご飯が店長のおすすめで、理由は温度が均一なため調理時に味のムラがでにくいから。炊きたてのご飯が無くて冷凍のご飯を使う場合は、1度温めてから使いましょう。

 

チャーハンにゴマを入れるとパラパラに!


ご飯や油にこだわってもパラパラに仕上げるのは難しいものですよね。パラパラなチャーハンを確実に作るためには、ゴマを追加するのが効果的。ゴマが米同士の隙間に入ることで、水分をうまく吸収してくれます。また具材も細かくみじん切りにするとパラパラになりやすいのだとか。

 

同番組では家庭の火力とフライパンを使って、お店の強い火力と大きな中華鍋で作ったように仕上げるコツも紹介されました。チャーハンを作る際にはフライパンを振りがちですが、実際にはフライパンの熱が冷めてしまうのでNG。強い火力で一気に作るために、お米をフライパンへ押し当てるように炒めてください。お米を薄く平らにしたほうが、全体に火が通りやすくなります。

 

チャーハンを美味しく作るテクニックに、視聴者からは「冷凍ご飯のほうがパラパラになると勘違いしてた。加熱してから使ったほうがいいんだね」「フライパンを振るのってダメなのか! 家庭でのチャーハン作りは、意外と間違いだらけなのかも」「ラードってあまり馴染みがないけど、チャーハンはよく作るから常備しておこう」などの反響が寄せられました。

 

男性に作って欲しい料理は何?


手軽に作れるイメージが強いチャーハンですが、得意料理としてあげる女性は少ないようです。ガスコンロなどを取り扱うリンナイ株式会社は、今年7月に「『料理』に関する意識調査」を実施。女性に「あなたの得意料理は何ですか?」と聞くと、最も多かった回答は「みそ汁(47.1%)」でした。2位は「煮もの(46.5%)」、3位は「カレー(46.4%)」とチャーハンはランク外に。一方で男性の得意料理を見ると、1位は「カレー(34.1%)」。2位には「野菜炒め(33.7%)」が入りましたが、第3位に「チャーハン(31%)」がランクインしています。

 

さらに同調査は「あなたが、異性(男性または女性)に作ってほしいと思う料理は何ですか?」と質問。「女性が男性に作って欲しいもの」の1位に輝いたのは、21%の人があげた「チャーハン」でした。次いで2位は19.7%で「カレー」、3位が17.2%の「鍋料理」という結果に。

 

チャーハンが得意な女性は多くありませんが、同番組で紹介されたテクニックを取り入れれば得意料理に仲間入りするはず。ぜひパラパラのチャーハンを作って、パートナーをアッと驚かせてみてくださいね。

 

文/河井奈津

参照/リンナイ株式会社「『料理』に関する意識調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000015237.html

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る