注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大食い・ギャル曽根さんの食費節約方法!このかさ増し技は画期的

家事

2019.07.08


大食いタレントの中でも圧倒的な存在感を示すギャル曽根さん。「これだけ食べるなら普段の食費も高くつくはず」と考える人も多いのでは? 6月22日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)では、納得の節約方法が明かされました。

 

一家そろって大食いなギャル曽根さん


驚異的な胃袋の持ち主であるギャル曽根さんは、普段から食べる量が段違い。しかもギャル曽根さんだけでなく、一家そろって大食いだといいます。同番組では、2人の子どもがそうめんを食べる風景を取りあげていました。

 

この日はそうめんを12束使用し、キュウリやチャーシューといったトッピングも盛りだくさんです。長男からは「美味しすぎる! ママ天才すぎる!」と大絶賛。子どもだけでみるみるうちにそうめんを食べつくし、さらに長男は3束のおかわりまでねだっています。

 

そこでギャル曽根さんが明かしたのは、買いものに行く際の節約方法。とにかく食べものを見るたびにお腹が空くので、空腹のまま買いものに行くと1度に3万円ぐらい使ってしまうといいます。食費を抑えるべく、ギャル曽根さんは「満腹の状態でスーパーに行く」という節約方法を実践。1回分の食費を1万円ほどにまで抑えることに成功したそうです。

 

「特製ヘルシー牛肉ちらし」の作り方!


スーパーにいくと食欲が暴走する人々からは、「お腹が空いてるとついいらない食べものを買っちゃうよね」「私も買いものするときはお腹を満たしてから行くようにしてる」「買いすぎて家に帰ったあとどうするか迷うよね」といった共感の声が続出しています。

 

大量に買いものをする一方で、カロリーに気を遣う一面も。同日の放送でギャル曽根さんが紹介してくれたのは、かさましご飯を活用した「特製ヘルシー牛肉ちらし」でした。カロリーを抑えるためにしらたきをみじん切りにした後、乾煎りして軽く水分を飛ばします。水分を飛ばしたしらたきをお米に混ぜて、炊飯器で炊くとかさましご飯の準備はOK。炊飯の際は、水の量を少なめに入れるのがポイントです。

 

続いて具材の調理。にんじんと牛肉を、「しょうゆ」「しょうが」「はちみつ」を加えて炒めましょう。にんじんがやわらかくなったら、香りづけにゴマ油を回しがけます。炊きあがったご飯と混ぜ合わせれば「特製ヘルシー牛肉ちらし」の完成。実際にスタジオで試食してみると、次々に「おいしい!」との歓声が上がりました。

 

しらたきご飯でかさましした「超簡単餃子丼」


同番組では以前にも、ギャル曽根さんが「しらたきご飯を使ったかさまし料理」を披露しています。中でも視聴者から「子どもが何度もリクエストしてくる!」「食べごたえも充分で美味しい」と評判の、「超簡単餃子丼」の作り方を見ていきましょう。

 

まず材料は「キャベツ4分の1玉」「ニラ1束」「豚ひき肉200グラム」「卵」を用意。調味料は塩と胡椒のほかに、「ごま油」「にんにくペースト」「しょうがペースト」「鶏ガラスープのもと」「三杯酢」「黒胡椒」を使います。

 

はじめにフライパンへごま油大さじ2杯、にんにくペースト小さじ1杯、しょうがペースト小さじ2杯を投入。弱火にかけて香りを立たせる間に、キャベツを粗みじん切りにしてください。フライパンから良い香りが立ってきたら豚ひき肉を入れ、色が変わったタイミングでキャベツも入れます。続いて2センチ程度に切ったニラを加えてさらに加熱。全体に火を通した後は鶏ガラスープのもとを大さじ2杯、ごま油は小さじ1杯混ぜれば具材が完成です。

 

またかさましご飯は、乾煎りしたしらたきを混ぜて炊飯するのもお忘れなく。具材を盛りつけたら、卵黄をひとつ落とすと「超簡単餃子丼」のできあがり。三杯酢50ccと黒胡椒2つまみを混ぜた、「特製だれ」をお好みでかけるのもおすすめですよ。節約意識の高いギャル曽根さんのレシピを、1度試してみてはいかがでしょうか?

 

文/長谷部ひとみ

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る