コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「調理時間10分」はんにゃ川島さんの時短レシピが忙しい夜を救う

家事

2021.11.02

気温も段々と下がってきて、熱々の料理が恋しくなる人も多いのではないでしょうか? 先日はんにゃ川島さんは、自身のYouTubeで「麻婆じゃが」の作り方を公開。とろとろのチーズが絶品なレシピに注目が集まっていました。

材料3つで絶品の味に!?

用意するのはじゃがいも250g、麻婆茄子の素(麻婆豆腐の素でも可)1袋、ミックスチーズ適量のみ。まずはじゃがいもの皮をむいて、大きめのひと口大サイズにカットしていきます。じゃがいもの皮は残しておいてもOKなので、皮アリの食感が好きな人はそのまま切っていきましょう。

 

じゃがいもを切り終われば包丁の出番は終了。耐熱容器に切ったじゃがいもと水大さじ1ほどを入れて、電子レンジ(600W)で3分加熱します。

 

ゆで上がったじゃがいもを別の容器に移し、汁が出ている場合は汁だけ捨ててください。次に上から麻婆茄子の素をかけていきます。さらにミックスチーズを乗せ、トースター(1000W)で3分温めればできあがり。川島さんいわく、チーズをたっぷり使うのが美味しく仕上げるポイントですよ。

10分であっという間に作れるお手軽レシピ

川島さん流「麻婆じゃが」の調理時間はたったの10分。面倒な工程もないレシピに、視聴者からは「じゃがいもに麻婆とチーズをかけるだけでいいのは助かる」「手順が多くないからすぐに覚えられそう!」と好評の声が相次いでいます。

 

完成した「麻婆じゃが」はパセリを適量ふりかければ、よりおしゃれな見た目の一品にランクアップ。川島さんやスタッフもそれぞれ試食して、「洋風と中華の融合、ナイスマッチング!」「んー! めっちゃ美味しいですね」などと称賛していました。

 

さらに川島さんは「(じゃがいもの代わりに)ご飯入れてもいいよね」と更なるアレンジも提案。より食べごたえのあるメニューにしたい人や、ご飯が余った時の救済レシピとしても活躍しそうです。

混ぜて温めるだけ!

簡単なじゃがいも料理を披露した川島さんですが、別の動画でも調理時間5分で作れる「チーズタッカルビ丼」を伝授。洗い物もほぼなしというズボラ必見のレシピに、驚きの声が寄せられています。

 

気になる作り方は、セブン-イレブンで販売している「香ばしい焼鳥炭火焼」1パックを用意。フタを開けて電子レンジ(600W)で1分半加熱します。取り出したパックに、にんにく小さじ1、コチュジャン小さじ1、小さく切ったスライスチーズ1枚を混ぜて、再び電子レンジ(600W)で1分温めましょう。

 

茶碗1杯によそったご飯に海苔適量を振りかけ、温めた具材を乗せればできあがりです。辛いのが苦手な人は、黄身を1個を乗せるとマイルドな味わいになっておすすめ。さらに余った白身にマヨネーズを小さじ1/2程度混ぜて電子レンジ(600W)で1分チンすると、ふわふわとした目玉焼きのようなおかずをもう一品作れるそう。

 

忙しくて時間が惜しい人は、パっと作れる川島さん流のレシピを試してみてはいかが?

文/内田裕子 ※画像はイメージです
参照/はんにゃ川島のほんわかレシピ「【簡単調理】チーズとろける麻婆じゃがを作りました!」https://www.youtube.com/watch?v=gq-ezj0aXQs
参照/はんにゃ川島のほんわかレシピ「【調理 5分】セブンの焼鳥炭火焼を材料3つでアレンジ! 混ぜるだけ! 簡単チーズタッカルビ丼【洗い物ほぼなし】」https://www.youtube.com/watch?v=7ore2n--AZI

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る