2019.09.15

湿度の高い日はダニ繁殖に要注意!家庭内でできるダニ対策とは?

31-1

ダニは人間にとっても身近な生物です。知らないうちに繁殖し、見えないところで非常に多くなってしまうケースも少なくありません。

その死骸やフン、抜け殻などは、さまざまなアレルギーの原因になってしまいます。

現在アレルギーを発症している人にとっても、まだ発症していない人にとっても、ダニ対策は重要なポイント! 快適な空間を守るために実践しましょう。各家庭において、意識したいポイントをまとめます。


■ダニが発生しやすい条件とは?

人間にとって、ダニは非常に身近なものです。人間がいるところには、ダニもいると考えて良いでしょう。

だからこそ、ダニ繁殖のメカニズムにまで目を向けて、徹底的に対策を行う必要があります。

ダニが発生しやすい場所には、以下の3つの共通点があります。

・湿度
・高温
・エサ

ダニにとって好ましいのは、高温多湿の気候条件です。

乾燥して寒い冬場よりも、ジメジメとした梅雨時期や夏の方が、ダニが繁殖しやすい環境だと言えます。

またダニが繁殖するために、欠かせないのがエサです。ダニがエサとしているのは、以下のようなものです。

・フケ
・垢
・食べカス
・カビ

ダニの種類によっても違ってきますが、これらの汚れには特に注意した方が良いでしょう。

フケや垢などは、人間が生活していくうちに自然に発生しやすいですし、高温多湿はカビの発生条件とも重なります。

これらの条件が合わさる時期、および場所においては、こまめなダニ対策を実践する必要があります。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。