注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

湿度の高い日はダニ繁殖に要注意!家庭内でできるダニ対策とは?

家事

2019.09.15

31-1

ダニは人間にとっても身近な生物です。知らないうちに繁殖し、見えないところで非常に多くなってしまうケースも少なくありません。

その死骸やフン、抜け殻などは、さまざまなアレルギーの原因になってしまいます。

現在アレルギーを発症している人にとっても、まだ発症していない人にとっても、ダニ対策は重要なポイント! 快適な空間を守るために実践しましょう。各家庭において、意識したいポイントをまとめます。


■ダニが発生しやすい条件とは?

人間にとって、ダニは非常に身近なものです。人間がいるところには、ダニもいると考えて良いでしょう。

だからこそ、ダニ繁殖のメカニズムにまで目を向けて、徹底的に対策を行う必要があります。

ダニが発生しやすい場所には、以下の3つの共通点があります。

・湿度
・高温
・エサ

ダニにとって好ましいのは、高温多湿の気候条件です。

乾燥して寒い冬場よりも、ジメジメとした梅雨時期や夏の方が、ダニが繁殖しやすい環境だと言えます。

またダニが繁殖するために、欠かせないのがエサです。ダニがエサとしているのは、以下のようなものです。

・フケ
・垢
・食べカス
・カビ

ダニの種類によっても違ってきますが、これらの汚れには特に注意した方が良いでしょう。

フケや垢などは、人間が生活していくうちに自然に発生しやすいですし、高温多湿はカビの発生条件とも重なります。

これらの条件が合わさる時期、および場所においては、こまめなダニ対策を実践する必要があります。


■ダニを駆除するための方法3つ

ダニが繁殖している環境は、アレルギーを持つ人にとって非常に過酷です。

健康を守り、ストレスを排除するためにも、しっかりとダニ対策を行いましょう! これまで特にダニ対策をしてこなかった……という場合には、まず徹底除去を心掛けるのがオススメです。

ダニを退治するための条件は、乾燥と高温です。湿度55%以下になるとダニは生息できなくなります。また熱にも弱く、50℃以上の熱を30分以上加えることで、ほとんどのダニを死滅させられます。

家庭内でダニが発生しやすい場所といえば、寝具やカーペット、布製品などが挙げられます。それぞれに合った方法で、ダニを死滅させる条件をクリアしていきましょう。

乾燥している時期であれば、外に干して乾燥させるだけでも、湿度55%以下という条件をクリアできる可能性が高いです。湿度が高い時期には、温度でダニを撃退しましょう。

布団乾燥機は、ダニ退治の強い味方となってくれます。また晴れているときに布団を干すなら、黒い布をかぶせてみましょう。

ごく普通に干すよりも熱を集めやすく、ダニ退治効果が高まるはずです。

絨毯やカーペットは、洗濯が可能であればこまめに丸洗いをしてしまいましょう。洗濯が不可能な場合や畳などは、防虫シートなどの便利グッズを賢く使うのもオススメです。

★ダニ退治だけでは不十分

ダニを退治させるための条件を知ると、「意外と簡単そう」と感じる方も多いかもしれません。

温度、もしくは湿度をコントロールすれば良いのですから、それほど難しくはないでしょう。

とはいえダニアレルギーで悩む方にとっては、ダニを退治するだけでは不十分です。

なぜならダニは、死骸がアレルゲンとなるケースも多いからです。

温度や湿度でダニを退治できたとしても、その死骸を除去できなければ、辛いアレルギー症状を緩和することはできません。

ダニ退治について考えるのであれば、死骸の除去方法についても、しっかりと頭に入れておきましょう。

もっとも手軽な方法は、掃除機をかけるというものです。

そのほかのゴミと一緒に、ダニの死骸も除去することができます。掃除機をかける場合には、普段よりもゆっくりと、念入りにかけるようにしましょう。

寝具などは、表面だけではなく裏面にもかけることがコツとなります。縫い目や隅は、ダニが好みやすい場所ですから、特に念入りにケアします。

洗濯が可能であれば、丸洗いをすることも、ダニの死骸を除去してスッキリさせるためのコツとなります。状況やアイテム別に、ベストな対処法を実践してみてください。

31-2

 

■ダニの発生を抑制しよう!

いったんダニの数を減らしたら、次はダニの繁殖を抑制する工夫を取り入れましょう。日々の生活の中で、ダニが発生しづらい環境を作りだせば、日々の掃除も楽になります。

ダニが繁殖しやすいのは、主に布製品です。こうした製品の数を出来る限り少なくすることも、ダニ抑制のポイントとなります。子どもがいて、どうしても食べこぼしが発生するようであれば、毛足の長いカーペットから、フロアマットなどに交換するのもオススメです。

子どものおもちゃとして定番のぬいぐるみは、少数精鋭で数を絞り、丸洗いできるものにこだわってみるのも良いでしょう。

寝具などは、湿気がこもる状態を避けることが最大のコツです。布団をこまめに干したり、マットレスを移動させたりして、人間から発生する湿気がこもるのを防いでみてください。

■まとめ

ダニを完全に除去するのは、難しいもの。しかしちょっとしたコツを実践するだけでも、ダニアレルギーに悩む可能性は低くなります。辛い症状で悩まれることも、少なくなるのではないでしょうか。

ダニ対策のコツは、湿度と温度にあります。アイテム別に、ダニの数を減少させるためのテクニックを実践してみてください。快適で清潔な生活を手に入れましょう!

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【掃除】その他の記事

掃除
もっと見る