2019.05.30

【2019初夏!】おすすめ道の駅ランキング

101-1

初夏になり、気温が上がってくるとドライブやツーリングの季節になってきます。初夏のツーリングはさわやかな風を爽快に感じることもでき、気持ちがいいものです。
ドライブやツーリングとなると、気になるのが道の駅。最近では道の駅を目当てにドライブやツーリングをされている方も多いのではないでしょうか。全国にはどんな道の駅があるのでしょうか。

■北海道・東北の道の駅

北海道で人気の道の駅は、サーモンパーク千歳です。千歳ICから車で10分の場所にあり、アクセスは良好です。営業時間は朝9:00から夕方6:00までとなっています。
一部の店舗に関しては夜8:30まで営業をしているようなので、時間が遅くなっても安心です。
フードコートが中心となっていますが、地元の農家さんの持ち込む新鮮な野菜も販売されています。遠方から野菜を買いにというわけにはいきませんが、地元の方であれば、新鮮でおいしい野菜を購入できますね。

施設内にはローソンもあり、フードコートではまき窯で焼き上げる本格的なピザや、行列のできるスープカレーの有名店なども出店しています。また、北海道ならではの鮭節ラーメンといったものもあります。
敷地内にはサケのふるさと千歳水族館もあるのでぜひ見学しておきましょう。

秋田には東北でも最大クラスの道の駅、ねむの丘があります。2万坪の広大な敷地には休憩施設を始め、中心となる施設の「ねむの丘」など多くの施設があります。
1番のポイントはそのロケーションです。西には鳥海山、東には男鹿半島と素晴らしい景色が広がり、日本海に沈む夕日は絶景です。土産物、軽食コーナーはもちろん、レストランに加え展望温泉もあります。

温泉で運転の疲れを癒すのにもよさそうですね。

■関東の道の駅

埼玉にあるアグリパークゆめすぎとでは、体験が可能な農業公園があります。田植えや野菜のもぎ取りなどが体験できる施設となっており、家族で1日楽しめる道の駅となっています。
バーベキュー広場はGWや夏休みには満員になるほどの人気です。季節が合えばもぎ取り体験した野菜も使用できますし、農産物の直売所で新鮮な野菜も売っています。
バーベキューは予約制となっているので、事前の予約が必要になります。コンロやいすはレンタルもあるので、持ち込まなくてよさそうです。食材の準備は忘れないように注意しておきましょう。

千葉県の富楽里とみやまは高速道路のパーキングとみちの駅が1つになった施設です。高速道路と一般道からのどちらからでも利用は可能です。
相互のアクセスはできませんので、カーナビでの案内が高速道路になるか一般道になるか確認が注意が必要です。
漁協直営の市場があり、新鮮な魚を購入できます。また、その魚を無料で加工してくれる施設もあります。もちろん、刺身にもしてもらえます。
特産品の「びわ」を使用したフルーティーなワインや、南房総産のアジをひじき・野菜と一緒に焼き上げた、さんが焼きもおすすめです。
ブルーベリー狩りやみかん狩り、稲刈り体験やそば打ちなどもできるので人気です。