2019.04.13

夫婦の力関係が如実に!大きな買い物の主導権…どちらが握る!?

20190411kagu01家具や家電の新調は、家庭にとって一大イベントですよね。ワクワクする気持ちも大きいですが、「どんな家具や家電を、いくらかけて購入するか」という決断は一筋縄ではいかないもの。各家庭では、どのように“決断”がされているのでしょうか。

 

妻が舵取りを行うケースの多い“大きな買い物”


「家具や家電の購入における選択権」は、夫と妻の役割分担が明確になるポイントです。専業主婦の30代女性は、「我が家では完全に私に選択権があります」とコメント。実際にどこの店舗で購入するかは夫がインターネットを使って地道に探しますが、大方針を握るのはやはり妻だそう。

 

同じく妻が舵取りをする世帯は多く、「もちろん旦那に相談はするけど、大体は自分が中心になって決めています」「どうしても私が決めたい訳ではないけど、夫に任せると部屋の雰囲気を無視した家電や家具になるから嫌」「旦那よりも家にいる時間が長いのは私だからね。自然と私が決めてるかなぁ」といった声が相次いでいます。

 

しかし中には「家具」と「家電」で明確に役割を分けている家庭も。「夫が家電系に強いから、商品選定も含めて全部お任せしてる」「我が家も家電は夫、インテリアは私と分けています」「ウチの夫も、家具選びには口出ししてこないよ」といった棲み分けがチラホラ。夫と妻の“得意・不得意”も関係してくるようですね。

 

>>NEXT 夫の役割は“稼いでくること”!?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。