2019.08.25

岐阜県で子連れの買い物も快適になる「支援マシーン」の実験スタート

小さな子どもを連れての買い物は、店内を移動するだけでもひと苦労。しかも買い物をしているうちに荷物も増えていくので、余計に体力を奪われてしまいますよね。じつはそんなお悩みを一掃する“移動モビリティ”が、近い将来に導入されるかもしれません。

 

岐阜県のショッピングセンターに“買い物支援マシーン”登場?


今年7月に株式会社トヨタオートモールクリエイトは、買い物支援マシーン「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」の実証実験開始を発表。実験はトヨタ自動車の子会社が運営するショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」で実施され、7月20日~8月31日までの約1カ月半に渡って行われました。

 

そもそも「ILY-Ai」とは、トヨタ自動車系部品メーカー「アイシン精機」が開発中の店舗内特化型移動モビリティ。セグウェイとショッピングカートを足したような見た目で、サイズも通常のショッピングカートと同等の大きさです。

 

最大速度は安全面を考慮して、人が歩く速度と同じ“時速4km/h”に設定。ハンドルの前には買い物カゴを置けるスペースがあり、大きな荷物や子どもものせられます。もちろん親子で一緒に乗ることもできるほか、子ども専用ハンドルも設置。子どもを連れながら、快適な買い物が楽しめますよ。

 

>>NEXT 「ILY-Ai」導入を心待ちにする一方で…

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。