コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

人気YouTuberマリリンの自宅が素敵!「昔は2畳のシェアハウスで…どんだけ狭いねん!って」

ライフスタイル

2021.05.04

YouTuberマリリンさん自宅玄関

2児の母親業もこなしつつ、精力的にYouTuberとして活躍している美容YouTuberのマリリンこと福世優里さん。これまで、YouTuberとして活躍するきっかけ(※)や、家族とのかかわり(※)について伺ってきましたが、最終回は素敵なご自宅をご紹介。YouTubeではルームツアーも行っていますが、ウェブサイトではこれが初公開です!

メイクと同じくらい、好きなものはインテリア

── 2019年に念願の一軒家を建てられたそうですね。今回取材でお邪魔して、プロのスタイリストが手がけたような素敵なインテリアに驚きました。

 

マリリンさん:

本当ですか?めっちゃ嬉しい!イメージしたのは、イギリスの一軒家。家具やインテリアはぜんぶ自分で選んで配置しています。この家を設計したときも私がほとんどを決めて、壁紙や建具なども一から自分で選びました。夫はインテリアにはあまり興味がないらしく、ほぼ私におまかせで(笑)、間取りは使いやすいように夫が決めています。

 

じつは私の父がインテリアにこだわりのある人で、実家は何度か雑誌の取材を受けたことがあるんですよ。だからインテリアに興味があるのは、父譲りなのかもしれません。

YouTuberマリリンさん自宅ダイニング

 

── ご実家もきっと素敵なんでしょうね。置いてある家具や雑貨は高級そうなものばかりですが、どこで購入されているんでしょうか?

 

マリリンさん:

意外かもしれないですが、「楽天市場」がほとんどです。安くてかわいいものがたくさん売っているので。机や棚は、サイズオーダーで頼んだりしました。うちはブランド家具とかは全然ないんですよ。「Zara Home」や海外のものが買える「BUYMA」もよく利用します。

 

メルカリで手に入れたものもたくさんあります。自分がかわいいと思ったものを買って、好きに置いているだけなので、そう言ってもらえるとうれしいです!

 

一人暮らしをしていた頃から部屋づくりは大好きで、メイクと同じぐらい興味のあることでした。メイクは流行に左右されずに好きなことをつらぬいていますが、インテリアはどちらかといえばトレンドにめっちゃ食いつくタイプです(笑)。

YouTuberマリリンさん自宅の雑貨ディスプレイ

 

マリリンさん:

お金をかけて揃えるよりも、使い終わったディフューザーの瓶のラベルをはがして飾ったり、フォトフレームにドライフラワーを入れてみたり、自分で工夫するのが好きですね。花を生けて飾ることも好きです。

 

ここ数年はナチュラルインテリアが流行だと思いますが、そんな中にちょっと個性的なカラーが加わるのが私の好み。クローゼットは棚を真っ青にペイントして、お店みたいな空間にしています。きれいにしまうというよりは、ごちゃごちゃ置いてあるのが好きなんです。

YouTuberマリリンさん自宅クローゼット

2畳のシェアハウスに住んでいた苦労人時代

── 独身時代はどんな部屋に住んでいたのですか?

 

マリリンさん:

高校卒業後は上京して、夢だった女優になるために一人暮らしを始めました。当時は本当にお金がなくて、未成年なのでバイトにも制限があって。それでもとにかくバイトをしつつ、ご飯がまともに食べられない日もありました。

 

昼間はレッスンやオーデションがあったり、たまに入るエキストラのバイトがあったりして。平日の日中に予定を入れるのが難しく、バイトの掛け持ちが大変でしたね。

YouTuberマリリンさん自宅仕事部屋

 

マリリンさん:

都内で光熱費込み4万円という激安のシェアハウスを借りていましたが、自分の専用スペースは2畳しかなくて。その狭い狭い空間に2段ベッドみたいな家具が入っているし、冷蔵庫も置かなきゃいけないし、どんだけ狭いねん!っていう(笑)

 

そうなると、ちょっとでも自分の好きな空間にするには、自分でどうにかするしかないんです。冷蔵庫の上にかわいいアクセサリーを並べたり、自分でDIYしたり…。お金がなくても、かわいく飾るのが好きでした。制限があるからこそ、いま思えばそれはそれで楽しかったと思います。

 

20歳になると夜も働けるようになって、ようやく人並みの生活を送れるようになりました。昼はレッスンやオーディション、夜はバイト…という感じの生活です。この年にYouTubeを始めましたが、当時は機材も何もないし、撮影はiPhoneで。いまはやっとちゃんとしたカメラを使えるようになりました。

YouTuberマリリンさん自宅サニタリー

 

── 8年前は2畳のシェアハウスで暮らしていたのに、いまやこんなおうちに住んでいるなんて…まさに夢のようですね。順調すぎて、急に怖くなったりすることはないですか?

 

マリリンさん:

あります、あります(笑)!でも、そういうときって、自分が何をしたいのかわからなくなっているときなんですよね。この仕事ができなくなったら…と思うこともあるけど、新しい目標を見つけると「また頑張ろう!」って思えるんです。

 

あとは家族の存在に支えられています。子どもを見ていると力がみなぎってくるというか、母親として頑張らなきゃなぁと思うことが幾度となくあって。

自宅オフィスを卒業し、さらに仕事に集中できる場を準備中

── きっと多くのママもマリリンさんと気持ちだと思います。今後はどんな活動に力を入れる予定ですか?

 

マリリンさん:

昨年事務所を独立して、高校の同級生と友人で「チーム・マリリン」を立ち上げました。今はこの3人体制で、YouTubeチャンネルをさらに成長させることが一番の目標ですね。

 

2人は昔からの友達というだけあって、私のことを本当によく理解してくれていて。企画・撮影・出演・編集…とすべてを自分一人で抱えていた頃に比べると、チームで動くようになってからクオリティも上がったし、ありがたいことに登録者数も順調に増えています。

 

みんなで成長していきたいけれど、会社を大きくすることは考えていません。意見や不満をお互いに言い合えるぐらいの関係が合っているので、少人数で楽しくやっていけたらいいなと思っています。

YouTuberマリリンさん自宅キッチン

 

── 3人のチームワークがすごくいいんでしょうね。羨ましい関係です。

マリリンさん:

そうですね(笑)。いまは自宅をオフィスとして使っていて、チームのみんなに通ってもらっているのですが、来年長女が小学生になるので、自宅とオフィスを分けようと思っていて。近いうちに近所に新しくオフィスをつくる予定です。さらに仕事に力を入れられそうなので、今から気合が入っています!

 

 

まるで海外の豪邸に迷い込んだかのようなおうちに、取材スタッフ一同、大盛り上がりの取材でした。夢のあるYouTuberという職業ですが、その背景にはマリリンさんの努力と苦労があってのこと。新オフィスが完成したら、ぜひまたお邪魔させてください!

 

Profile マリリン(福世優里)さん

1994年生まれ。大阪府出身、茨城県在住。2015年より“変身メイク”をYouTubeに投稿を始め、チャンネル登録者数は89万人(2021年4月現在)。現在はYouTuberとしての枠を超え、メイク講師や、企業へのSNSアドバイザー、コスメ商品のプロデュースなど活動は多岐にわたる。夫、長女(6歳)、次女(2歳)の4人家族。

取材・文/大野麻里 撮影/松村隆史

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る