コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

THEのウェットティッシュ「THE WET TOWEL」安心できる清潔感は除菌ではなく消毒でした

ライフスタイル

2020.05.05

2020.05.27

料理や洗濯、掃除は毎日のこと。すぐれた機能と心ときめくデザインが両立したアイテムを使って、家事を楽しい時間に変えませんか?

 

第2回は菌を取り除くのでなく、「消毒」ができるウェットティッシュ「THE WET TOWEL」をピックアップしたいと思います。

ウエットシートの新定番「THE WET TOWEL」

 

「THE WET TOWEL」を作るのは、「これこそはと呼べる」=「THEといえる」ものづくりを目指す、THE株式会社です。

 

THE株式会社では、たくさんのモノが生産・消費されているいまの世の中において、余計なものをできるだけ削ぎ落とし、環境、経済、文化の最適につながるようなものを「定番」と位置づけています。

 

現代に合わせて最適化された「定番」こそが人々に長く愛されると考え、世の中の新しい「THE」を作り出そうと、2012年に事業をスタート。現在では、ステーショナリー、洋服、器、キッチン雑貨、自転車…と、多岐のジャンルに渡って「THE」を生み出しています。

 

「消毒」ができるウェットティッシュは実は珍しい

今回紹介する「THE WET TOWEL」は、ウェットティッシュの新しい「THE」、つまり、新しい定番です。開発のきっかけは「手がしっかりときれいになっている、そんな安心感が欲しい」という、THEのチームメンバーで一致したまっすぐな想いでした。

 

一般的なウェットティッシュのほとんどが「除菌」をうたっていますが、この「除菌」が意味するのは、拭いた部分の菌を「ある程度」取り除くこと。THE WET TOWELが目指すのは、菌を取り除くだけでなく、有害な細菌の毒性を無力化させる「消毒=殺菌」でした。THEのチームメンバーが着目したのは、「除菌」と「殺菌」の認識が世の中にあまり定着していないのでは?ということ。実際、当時の市場には、殺菌できるものウェットティッシュはほとんどありませんでした。そこで、きちんと効果を発揮する商品を消費者に伝えていきたい。それこそが、本当の「安心できる清潔感」なのではないか、と考えたのです。

 

また、ウェットティッシュとは、生活のなかでさまざまなシーンで多用するもの。強く拭いたりゴシゴシこすったりするので、「濡れていても破けにくい」というのも大切と考えました。そのため、濡れても破れないクッキングペーパーを作っていたメーカーと話を進めながら開発をします。

 

そうして、水溶液には殺菌成分を配合した水溶液をシートに染み込ませた、指定医薬部外品として販売されるウェットティッシュが完成しました。

 

シートのは病院の消毒液と同じ成分が染み込んでいる

 

「THE WET TOWEL」の一番の特徴は、「消毒ができる」こと。

 

「THE WET TOWEL」は、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌やサルモネラ菌、大腸菌などのさまざまな菌に対して、消毒効果を発揮します。使われている水溶液は、病院で医療器具を洗浄するときに使う消毒液と同じもの。薬機法に即して、厚生労働省から指定医薬部外品の認可を得ているものです。

 

だからこそ、食事前の子どものお手拭きや食事後の食べこぼしの処理など、いろいろなシーンで、本当の意味で安心して使うことができます。

 

適度な厚みがあり、使いやすいのも魅力。ペラペラですぐ破れてしまうということもありません。

この厚みは、吸水性に長けたパルプを繊維が長いレーヨンで挟み込んだ三層構造によるもの。土佐和紙の漉き合わせの技を不織布に取り入れた技術が採用されています。このため破れにくく高い保液性を誇り、一枚取り出せば十分に拭くことができるのです。100%植物由来で作られているので、手肌にもやさしく使用することができます。

 

THE WET TOWELのラインナップには、持ち運びできるポケットティッシュサイズもあります。こちらは14シート入りが3袋。外出時にさっと取り出して消毒できるのは、小さな子どもを持っているととてもありがたいもの。外食やアウトドアなどでも活用できます。

 

また、未開封の状態で保管期限は約3年と長いので、非常時の備えにも適しています。詰め替え用のレフィルもあり。

 

収納しやすい理由は角ばったボトル

清潔感を体現したような真っ白なボディに、消毒殺菌のイメージを強調するための赤のあしらい。センスのいいフォントのなかでも「消毒」の文字が目立ち、必要な情報がパッと入ってきやすいデザインとなっています。シンプルなデザインなので、リビングやダイニングなどに置いてあっても、違和感がありません。

 

ラベルだけでなくフォルムのデザインにもこだわりがあります。THE WET TOWELは、よくある卓上ウェットティッシュのように円筒形ではなく、少し角ばった形になっています。そのため、縦に置いても横に置いても転がることなく使うことができます。家のいたるところのスキマに効率的に収納することも可能です。

 

子どもと一緒の食卓。テーブルを舐めたり、食べこぼしを再び口に運んだり…。親がゆっくりごはんを食べるのが難しい慌ただしい食卓でも「THE  WET TOWEL」でサッと手を拭いたり、テーブルを拭くことで、しっかり消毒ができます。

 

一拭きで得られる安心感。ウェットシートの新定番になりそうです。

 

【名称】THE WET TOWEL
【価格】ボトル990円、レフィル825円、ポケット880円(すべて税込)
【販売店】THE SHOP SHIBUYA
〒150-6101 渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン 8F
(Amazonにて通販可)

【問い合わせ先】03-6452-6221 
<<前へ戻る 次へ進む>>

〈特集トップに戻る〉

 

文/松崎愛香 撮影/田尻陽子

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る