コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

宮野真守さん「この2年、ハルオと共に生きていた」としみじみ語る

ライフスタイル

2018.11.30

DSC07214

舞台挨拶に登場した声優陣&監督たち

 

大ヒットお礼舞台挨拶や、スペシャルイベント「メトフィエスナイト」が開催されているアニメーション映画『GODZILLA 星を喰う者』。ゴジラ映画史上初のアニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章です。東京国際映画祭のクロージング作品としても上映された本作は、大画面でその迫力に圧倒されてほしい作品です。

 

11月10日にTOHOシネマズ新宿にて開催された公開記念舞台挨拶には、宮野真守さん、櫻井孝宏さん、花澤香菜さん、上田麗奈さん、小澤亜李さんら豪華声優陣と、静野孔文監督、瀬下寛之監督が登壇しました。

 

アニメ「GODZILLA」シリーズ最終章『GODZILLA 星を喰う者』


宮野さん「ハルオとともに生きた2年間」

 

DSC07049

ゴジラへのそれぞれの「想い」を語るキャスト陣。花澤さんは白いドレスで可憐に登場

 

主人公・ハルオを演じた宮野さんは、冒頭のあいさつで「この2年間、ハルオとともに生きていたと再認識しました」としみじみと語ります。今回の舞台挨拶は本編上映前に開催されたこともあり、ネタバレは厳禁!ということで、キャスト&監督によるトークは、解禁済の予告編をベースに展開されました。

 

DSC07132

祈りのシーンを再現?!する宮野さん、櫻井さん

 

予告編に登場するいくつかのシーンをピックアップ。スクリーンに映し出されたシーンについて、登壇者のコメント付きで本編の“謎解き”をしていくという企画です。選ばれた3シーンは、「ハルオがユウコの寝顔を見つめるシーン」「ハルオがマイナ or ミアナを抱きしめるシーン」そして「メトフィエスの祈りのシーン」というラインナップ。

 

最初の2シーンに関しては、ハルオがなかなかの女ったらし?! というツッコミがあり、宮野さんが「(シーンの)見せ方がよくない! 」とハルオをフォローする場面も。中でも盛り上がりを見せたのは、櫻井さん演じるメトフィエスの祈りのシーンです。出演陣から別名「企みのシーン」と指摘された櫻井さんは、「何も企んでいません」と笑顔で切り返していました。

 

櫻井さんの“音色”に心をかき乱される!!

 

DSC07139

宮野さんに絶賛される櫻井さん

 

宮野さんはメトフィエスを演じた櫻井さんの声を絶賛します。ハルオと対立しながらも、メトフィエスの言葉には棘がない。だからこそ、心がかき乱されたとアフレコの様子を振り返ります。「世界で櫻井さんにしか出せない“音色”」と櫻井さんの声を絶賛する宮野さんに対して、櫻井さんは少し照れながら「ここは太字でお願いします!」と取材陣にアピールする場面もありました。

 

そして、櫻井さんはメトフィエスのハルオに対する“愛”について解説。最終章となる本作で、メトフィエスがハルオの名前を連呼していることに触れ、「愛が爆発しています」と笑みを浮かべていました。

 

全力を込めて作った作品で生きざまを見せる!

 

DSC07114

作品に込めた熱い想いを語る宮野さん

 

子供の頃の自分にとって、ゴジラはかっこいいヒーローだったと振り返る宮野さん。大人になった今、ゴジラに触れ、この作品を作り上げたことで、ゴジラの生まれた理由をたどることができたと話します。キャラクター設定の奥深さを知ることで、改めてゴジラが愛される理由を再認識したそうです。

 

本作に全力を込め、生き様を見せたと語る宮野さん。キャスト、スタッフ全員で作り上げた自信作。本作に込められたたくさんの想いを感じてほしい。さらに、その想いが世界中に広がってほしいと熱く語っていました。

 

ついに完結するアニメ映画『GODZILLA』シリーズ。三部作が揃ったこの機会に、改めてゴジラの魅力に触れてみては? 

 

[作品情報]

『GODZILLA 星を喰う者』

◉大ヒット上映中

◉配給:東宝映像事業部

◉公式サイト:godzilla-anime.com

◉©2018 TOHO CO., LTD.

取材・文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る