注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

卵アレルギー男児の物語も!命の大切さを描く短編映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

ライフスタイル

2018.09.03

ponoc_poster_no2_0525

(C)2018 STUDIO PONOC

 

劇場版アニメ『メアリと魔女の花』のスタジオポノック最新作は、命の大切さを描いた短編集です。主人公も世界観も異なる3つの物語で構成されています。それぞれの物語で描かれる“ちいさな英雄”たちの奮闘に勇気がもらえる、温かな作品です。

 

主人公も世界観も異なる3つの物語で構成されています。それぞれの物語で描かれる“ちいさな英雄”たちの奮闘に勇気がもらえる、温かな作品です。

 

サワガニ兄弟の大冒険「カニーニとカニーノ」

 

メイン_カニーニとカニーノ

(C)2018 STUDIO PONOC

 

『メアリと魔女の花』の米田宏昌監督が描くのは、擬人化されたサワガニの兄弟の物語。主人公のカニーニの声を木村文乃、その弟カニーノを鈴木梨央が担当しています。米田監督はこれまで原作ありの作品を手がけてきましたが、今作は脚本も務める完全オリジナルストーリーです。

 

カニーニとカニーノサブ2

(C)2018 STUDIO PONOC

 

川底での生活には危険がいっぱいです。大雨になれば川の流れは速度を増します。まさに命がけの毎日なのです。食べられてしまうという危険はカニーニの家族に限ったことではありません。カニーニたちを狙う生き物たちにもそれぞれの危険があるのです。自然界はこうしてできているというのを改めて感じさせられる作品です。

 

カニーニとカニーノサブ1

(C)2018 STUDIO PONOC

 

水の流れや泡のひとつをとっても「実写?」と見間違うほどリアルで美しい。カニーニたちを狙う生き物もリアルに描かれていて、スリル満点です。カニーニが話すのは「カニ語」と呼ばれるもので、お互いの名前を呼ぶくらいのセリフしかないという独特の世界観が広がります。ちいさな子どもでも楽しみやすい作品です。

 

卵アレルギーの少年のひと夏の物語「サムライエッグ」

 

メイン_サムライエッグ

(C)2018 STUDIO PONOC

 

高畑勲監督作で演出を担当してきた百瀬義行監督が描くのは、卵アレルギーを持つ小学生男児のひと夏の物語。主人公の少年、シュンの母親役の声を尾野真千子、父親役を坂口健太郎が担当しています。

 

サムライエッグサブ1

(C)2018 STUDIO PONOC

 

卵アレルギーを持つシュンは、食べるものに細心の注意を払う毎日を過ごしています。アレルギーに関しては、他人事ではない!というママも多いかもしれません。間違って卵を口にすることのないよう、一瞬たりとも気が抜けない日々を送っています。

 

サムライエッグサブ2

(C)2018 STUDIO PONOC

 

シリアスな雰囲気になりがちなテーマですが、柔らかいタッチで描かれる可愛らしい絵、そして前向きな主人公とその家族、そして協力的な学校の友だち、近所のおばちゃんなど素敵なキャラクターのおかげで明るく前向きな作品に仕上がっています。

 

息子のためはもちろんのこと、そして自分の生きがいであるダンスにも全力投球する元気なママの姿に勇気がもらえます。

 

見えない男の孤独な闘い「透明人間」

 

メイン_透明人間

(C)2018 STUDIO PONOC

 

宮崎駿監督作品でアニメーターとして活躍していた山下明彦監督が描くのは、都会の片隅で静かに生きる“見えない男”の物語。他の2作品とがガラリと雰囲気が変わるダークな世界観に惹きつけられます。主人公・透明人間の声をオダギリジョー、物語のキーマンとなる盲目の男を田中泯が担当しています。

 

透明人間サブ1

(C)2018 STUDIO PONOC

 

他人には見えない存在の透明人間ですが、表情も気持ちも手に取るように伝わってくる不思議な作品です。コンビニの自動ドアを開けられない、重石代わりに消火器を背負っていないと浮いてしまう。できないことがたくさんありすぎて途方に暮れてしまう透明人間は、自身の存在意義を感じることができるのでしょうか?繊細で控えめな性格の主人公が繰り広げる壮大なアクションにも注目です。

 

透明人間サブ2

(C)2018 STUDIO PONOC

 

1作品あたり20分弱という上映時間で描かれる作品なので、サクッと観ることができるのも忙しいママにはうれしいところ。小さな子どもでも飽きずに画面に集中することができます。

 

木村カエラが担当するオープニング&エンディングはとても明るく耳馴染みの良いテーマソングとなっています。今回第1弾となるポノック短編劇場。さまざまな作品との出会いを期待して、第2弾、第3弾の登場を待ちましょう!

 

[作品情報]

ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

◉公開日:大ヒット上映中

◉配給:東宝


◉公式サイト:ponoc.jp

(C)2018 STUDIO PONOC

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る