コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

私物の宅配便を会社宛に届ける人は非常識か?

ライフスタイル

2019.06.16

2019.12.02

20190614haitatu01

「ネットで商品を注文したけど、仕事が忙しくて全然受け取るタイミングがない…」なんて経験ありませんか?「だったら働いている会社に送ってしまえばいい」と、個人的な荷物を会社に配達してもらう人がいるようです。

会社に個人の荷物を配達するのは迷惑?


プライベートの荷物を会社に届けることに対して“問題ない”とする人からは、「家で受け取る余裕がないから許してあげてほしい」「受け取った荷物は自分で管理すれば、別に問題ないと思う」「会社に何の被害もないし、業務怠慢にもなってないからいいんじゃない?」「家に不在の時は、再配達になって宅配業者に手間をかけさせちゃう。会社だったら誰かしらいるからその心配がないよね」といった声がありました。

 

一方で、「総務とか荷物対応する人に迷惑がかかるからダメでしょ」「頻繁に荷物が届くと受け取る人の作業が都度止まるし、仕事に支障が出るからやめてほしい」など否定的な意見も続出。中には「公私の区別がつかない、だらしない人」「会社とプライベートは常識的に考えてわけなきゃ」と思う人もいるようです。

 

多くの人は“完全にNG”とは考えていないらしく、「物による。大きいものはかさばるし良くないけど、小包サイズなら良いと思う」「急を要する物ならしょうがない」などの声が。“中身やサイズによっては許容しても良い”という人が多く見られました。

 

受け取った荷物の開封はNG!?


会社に届く“個人的な荷物”については、他にも様々な問題が。「段ボールなどの無駄な資源ごみが増えて、掃除の時大変」「食べ物とかの荷物をずっと会社に置かれると、匂いが気になって作業に集中できない」「前に上司の私物が着払いで届いて立て替えた。さすがに着払いの荷物は自分で受け取るか、会社に届けないでほしい」など、宅配の中身や支払いに悩まされる人が多いようです。

 

中には「会社で使う物だと思って梱包物を開けたら、先輩の私物で『勝手に開けるな』と怒られた」という人も。これに対しては、「個人の名前宛に届いてると思うし、勝手に開けるのは良くないと思う」「会社に配達してもらう時点で、そういう事態は想定できるでしょ。怒る意味がわからない」「会社に送らなければ開封問題に発展せずに済んだのに…」と波紋を呼んでいました。

 

再配達にならない人はたったの2割ほど!


“会社に配達してもらう理由”として最も多く見られたのは、「再配達が煩わしいから」。では、実際のところどのくらいの人が再配達を利用しているのでしょうか? インターネット調査をメインにリサーチを行うマイボイスコム株式会社は、「宅配便の受け取り方法」に関する調査を行いました。

 

まずは「宅配便の荷物が配達された頻度」ですが、「月に2~3回」という人が36.5%。週1回以上宅配便が届く人は2割強、月1回以下は4割弱となっています。次に「宅配便の受け取り方法(複数回答可)」を質問すると、「自宅で直接受け取る」という回答が最多の97.2%に。宅配ボックスでの受け取りは10.9%、コンビニ・スーパーなどの店頭受け取りは7.5%でした。また、「職場など自宅以外で直接受け取る」人は3.4%とかなり低い数字であることが判明しています。

 

再配達を利用せずに済んでいる人も意外と多く、「ほぼ毎回直接受け取る(再配達にはならない)」といった回答は19.8%にのぼりました。しかし、届いた商品が半分以上再配達になる人は28.5%。再配達になった理由として、「配達日時を知らなかったから」「自宅にいることができなかった」などの声が上がっています。「再配達にならないように行ったこと」を調査してみると、「自分や自宅宛に荷物を発送していない」という人は13.5%。約1割の人が自宅以外で受け取る工夫を行っていました。

 

会社での私物受け取りは各職場の方針にもよりますが、最近ではコンビニや駅の宅配ボックスでの受け取りも可能になってきているので、周囲の迷惑にならないようにしたいですね。

 

文/内田裕子

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マナー】その他の記事

マナー
もっと見る