コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

香椎由宇「20歳学生で結婚して13年。今だから思う、一人時間と家族への本音」

ライフスタイル

2021.01.17

2021.01.19

香椎さん

中学生で芸能界デビュー。ドラマやCMの第一線で活躍している最中、20歳で学生という立場で結婚した香椎由宇さん。これまでほとんど明かされなかった結婚の経緯や、子どもを出産したからこそ気づいた本音とは? 香椎さんの今を切り取るシリーズ第1回です。  

結婚願望はなかった

—— 結婚13年になるそうですが、改めて家族とはどんな存在ですか。

 

香椎さん:

絶対的な味方でしょうか。仕事が同じ業種なので、話も共有できたり、理解しやすい環境なのはありがたいです。気づけば結婚生活も13年になりましたが、結婚前も今も、お互いが好きなことをしながら自由に過ごせていますね。

 

—— ご結婚されたときは20歳の学生でした。元々、結婚願望や早く子どもを持ちたいという思いがあったのですか。

 

香椎さん:

それがまったくなかったんです。結婚も子どももどちらかというと苦手で、自分が子どもを育てるなんて想像できませんでした。結婚するまで実家暮らしで一人暮らしの経験もなく、結婚生活がどんなものか、あまりよくわからないまま籍を入れたんですよ。今思えば、それが結果的に良かったのかもしれません。あまり不安を抱えずに済んだので。

 

また、今でこそ交際をオープンにする芸能人が増えましたが、当時はそこまで自由な雰囲気でもなく、周りに気を遣うことも。若さゆえに、みんなが当たり前にしていることを我慢するのはしんどいと感じたこともあります。日に日に、誰にも気兼ねすることなく普通の生活がしたい、普通に学校に行って、普通に仕事をして、当たり前の生活をしてみたい!という気持ちが強くなり、早く落ち着きたかった部分もありますね。

 

—— それまで、どのようなスタイルで生活をしていたのでしょうか?

 

香椎さん:

当時はありがたいことに仕事も忙しくしていたので、家には寝に帰るだけの状態でした。現場の仕事が入ることが多く、夜ご飯は現場か仕事終わりにマネージャーさんと食べて帰宅し、休日は休日でガッと寝てしまう。子どもが生まれるまでほとんど家事はしていなかったし、夜な夜なゲームをしたり、マンガを読んだり、たまに食事を作っても、自分が食べたいタイミングで好きなものだけ食べる、そんな生活でした。

 

—— それが、お子さんが生まれてから生活もガラッと変わった?

 

香椎さん:

子どもが生まれた途端、すっかり子ども中心の生活になりました。まず、生活スタイルが夜型から朝型に。朝は早くから起こされて、ご飯は決まった時間に作り、子どもをお風呂に入れて、夜になったら寝かしつける。たまにぐったりして、子どもを寝かしつけるつもりが先に寝落ちすることもありますが(笑)。24時間365日、自分が誰かのために何かをしてあげなきゃいけないことがたくさんあって、世のお母さんは本当に大変だなぁと思うし、改めて尊敬もしますね。

 

>>NEXT 一人の時間を確保したい

1 / 2 ページ
KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【芸能人インタビュー】その他の記事

芸能人インタビュー
もっと見る