コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

メイクにハマる前田拳太郎さんのコンプレックスの克服法

ライフスタイル

2021.12.19

2022.01.12

前田さんがメイクにハマったきっかけとは?

 

公開中の映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』で、仮面ライダーリバイに変身する主人公・五十嵐一輝役を演じる前田拳太郎さん。ハードな撮影スケジュールをこなす中で息抜きになっていること、さらに、22歳の今、目指している役者像やキャリアプランなどを伺いました。

「働く女性のイメージは”かっこいい!”」

”マイブームは日替わり”なのだそう

 

── 仮面ライダー作品に参加すると生活習慣が規則正しくなるという話をよく伺います。

 

前田さん:

早起きになりました。あまり早起きはしないタイプだったし、大学では遅い時間の授業しか取らないくらい、朝は苦手でした。今も、慣れてきたと言いつつも、毎日が戦いです(笑)。ときどき「ヤバい!」という時間に起きて焦ることもありますが、なんとか乗りきっています。

 

── 掴めてきたという五十嵐一輝というキャラクターにどんな魅力を感じていますか?

 

前田さん:

素直で真面目なところに惹かれます。何よりも、家族に対しての“愛”を感じるところは魅力的です。人に言われたことに影響されたり、ちょっと怒ったりすることもあるけれど、そういう感情の動きもすごく人間らしいと思います。人間味を感じる大好きなキャラクターです。

 

人より早く流行をおさえておきたいタイプとのこと

 

── CHANTO WEBは、働く女性の読者が多いのですが、前田さんがイメージする30代の働く女性とは?

 

前田さん:

この仕事を始めて、その世代の方に出会うことが多くなりました。働く女性には“かっこいい”というイメージがあります。僕も女性として生まれていたら、バリバリ働く道を選びたいと思います。メイクとかコスメが好きなので、百貨店の美容部員さんとか、憧れます。店頭に立って、新商品をおすすめしたり、メイクをしてあげたり。綺麗なカリスマ美容部員として働きたいと思います。

 

── まさかの、もし30代の女性だったら……のお話で(笑)。メイクやコスメが好きとのことですが、美容などで気を遣っていることはありますか?

 

前田さん:

今はやっぱり、栄養のバランスです。現場だとご飯はお弁当が中心になるので、栄養のバランスが崩れがちです。サプリなどを取り入れて、栄養が偏らないように意識しています。肌荒れなどにも繋がるので。

 

── 今、興味があるのはどのようなメイクですか?

 

前田さん:

マイブームが日替わりだったりするので、好きなメイクもコロコロ変わります。今の気分は韓国メイクです。韓国メイクをしている女の子がいると、“いいな”って目がいっちゃいます。最近は、割ときっちりメイクに注目しています。

 

── 前田さんがメイクやコスメに惹かれる理由は?

 

前田さん:

メイクはコンプレックスを隠してくれるから、自信を持って外に出ることができます。外を歩くときは、胸を張って自信を持ってスッと歩きたいんです。僕のコンプレックスは肌荒れです。ずっと悩んでいた肌荒れを隠すためにメイクを始めたのが、ハマっていったきっかけです。メイクしないと外に出たくないと思うほど、気にしている時期もありました。メイクに救われ、今では大好きになっています。

 

── 肌荒れを隠すのは難しいですよね。いろいろと研究をしたのでしょうか?

 

前田さん:

最初は隠すためでしたが、今では楽しくなっています。今もそうなのですが、赤みも出やすいので、下地にグリーンをいれるとか、常に研究しています。服に合わせてメイクするのがすごく好きです。

 

僕はあまり流行りに流されないので、というよりも、誰よりも早く流行りを取り入れたいという気持ちがあります。みんなが流行りに飛びついているときには「あ、今、そんな感じ?僕は、今、これにハマってる」って言いたい(笑)。人と違うことがやりたいんです。今、いちばんやりたいのは中性的なメイク。ランウェイを歩くようなしっかりメイクにチャレンジしたいです。

少女漫画が大好き!「キラキラ系の作品にチャレンジしたいです」

「学園もので制服が着たい!」その理由とは?

 

── 今後、どのような役者になっていきたいのか。理想の俳優像やどんなキャリアを積んでいきたいかなど、具体的なイメージはありますか?

 

前田さん:

将来的にはいろいろな役ができる役者になりたいです。どんな役をやってもうまくハマる感じの役者に憧れています。今、22歳。制服を着るにはタイムリミットが迫っているので、早いうちに学生役をやりたいです。学園ものに憧れがあります。

 

── 少女漫画原作のようなキラキラ系を一度はやっておきたい?

 

前田さん:

いや、2、3回やりたいです!漫画、アニメ、特に少女漫画が大好きなんです。撮影の待ち時間や、いろいろな現場で映像化されていない少女漫画をこれ見よがしに読んで「この役、やりたいです」とアピールしています(笑)。イメージトレーニングはバッチリです。

 

PROFILE 前田拳太郎 / 俳優

1999年生まれ、埼玉県出身。特技は空手と社交ダンス。今年から、ダンス&ボーカルグループ「EXILE」などで知られる芸能事務所・LDH JAPANに所属。4月期放送の連続ドラマ『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』で俳優デビューを果たす。放送中の『仮面ライダーリバイス」では家族を守るため、仮面ライダーリバイに変身する主人公・五十嵐一輝(いがらし・いっき)を演じている。

取材・文/タナカシノブ

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【芸能人インタビュー】その他の記事

芸能人インタビュー
もっと見る