コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ウルトラマンタイガに出演の新山千春さん「息子を見守るお母さんのような気持ちでした!」

ライフスタイル

2020.08.07

 

©︎劇場版ウルトラマンタイガ製作委員会

 

—— 主人公・工藤ヒロユキを演じる井上さんはどんな方ですか?

 

新山さん 素直で優しくて協調性があって、最初に会ったときのイメージから変わらないですね。ヒロユキのキャラクターとかぶるところがあるという印象です。スタッフさんの中にも、すっと自分から溶け込んでいく様子を見ていると「いい息子だな」なんて思えるくらい(笑)。お母さんのような目線で一緒にお仕事させていただきました。

 

—— ヒロユキのキャラクターのせいか、井上さんはとても落ち着いたイメージがあります。

 

新山さん お芝居をしているとき、インタビューを受けているとき、みんなで現場でお弁当を食べているときなど、井上さんのいろいろな面を見てきましたが、考え方がすごくしっかりしていて、芯があって、とても優しい好青年です。熱血な部分もあるんですよ。

 

©︎劇場版ウルトラマンタイガ製作委員会

 

—— 新山さん演じるカナさんは、会社を立ち上げた女社長。チャキチャキしていていつも元気な印象でした。

 

新山さん 肝っ玉母さんという感じですよね。E.G.I.S.の場面の印象を色濃く残したいという思いがあって、役作りを考えました。ただ真面目な女社長ではつまらない気がしたので、(市野龍一)監督といろいろ話し合って作り上げたキャラクターです。大変なときも明るい笑顔でいる余裕のある人を意識して演じていました。

 

—— 1話、2話あたりではクールな表情が印象的でした。

 

新山さん そうなんです。最初はクールで真面目は雰囲気で行こうという話をしていました。朝早くから夜中までずっと撮影という日があったのですが、ちょうど「お疲れ様です!」というシーンがあり、リハで「おつかれ〜、お先でーす!」って言ってしまったんです。長い撮影がやっと終わって、心から出た「お先でーす」だったんですね(笑)。そうしたら、それいいですね、もらいましょう、ってことになり。やってみたら、すごく好評で。そこからカナさんのキャラクターに笑顔と余裕という要素がプラスされた感じです。

 

—— 戦うときとのギャップがいいですよね。

 

新山さん E.G.I.S.のジャケットを着るとクールでかっこよくなる。普段との振り幅を見せることができたのは良かったと思います。アラフォーの余裕を! という感じで演じていました。カナさんのセリフにもあったように「何が起きても動じない、慣れってこわーぃ!」みたいな、ね。アハハハハ。

 

2 / 4 ページ
KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る