注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

12年前に記憶を失った息子に思い出を語り続ける母…記憶は蘇るのか

ライフスタイル

2019.05.16

main(トリミング済)

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

5月10日(金)より公開中の映画『僕に、会いたかった』は、EXILEのヴォーカルTAKAHIROさんの初単独主演作品です。TAKAHIROさんが演じるのは、12年前のある事故をきっかけに記憶を失った元漁師。無精髭で寡黙な役という、これまでのTAKAHIROさんのイメージとはガラリと違うキャラクターです。

 

『僕に、会いたかった』


記憶を失った息子を優しく見守る母

 

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

絆と再生をテーマに描かれる家族の物語。記憶を失い、漁に出られなくなったTAKAHIROさん演じる元漁師・徹は、失った過去に葛藤しながらも、島で懸命に“今”を生きています。そんな徹の傍らには、松坂慶子演じる母の姿がありました。記憶を失った徹を優しく見守る母、そして島の人々。さらに、島にやってくる島留学生たちの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのでしょうか?

 

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

本作の見どころは、今まで“見たことのない”TAKAHIROさんの姿です。無精髭といった見た目だけでなく、記憶を失った喪失感、何も思い出せない悲しさ、悔しさ、そして切なさを表情、佇まいで見事に表現しています。寡黙な役なので、セリフが極端に少ないのですが、溢れ出るさまざまな感情が伝わってきます。

 

美しく雄大な自然に囲まれた島

 

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

ロケ地となったのは島根県の隠岐諸島。撮影中には実際に島に“島留学”に来ていた学生たちに遭遇したそうです。主人公が漁師という役柄なので、海、魚、釣りといったキーワードを思い浮かべますが、実は、断崖絶壁の上に草原が広がるなど、緑もいっぱいの島。牛や馬が放牧される草原地帯もある場所です。こんな自然豊かな場所での子育てもいいかも! と思ってしまうかもしれません。

 

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

隠岐の島にはコンビニがないそうです。しかし、撮影中に不便さを感じることはなく、むしろ、人と人が支え合うという“つながり”や“絆”を感じる、人間らしい体験ができる場所だったと出演者が振り返っていました。

 

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

釣り好きのTAKAHIROさんは、撮影の合間には思う存分、釣りを楽しんだようで、完成披露舞台挨拶の際にも、「釣りの思い出」について語っていました!

 

舞台挨拶では寡黙を封印?

 

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 

主演のTAKAHIROさん、そして共演の山口まゆさん、柴田杏花さん、板垣瑞生さん、秋山真太郎さん、小市慢太郎さん、錦織良成監督が登壇した完成披露上映会の舞台挨拶では、作中の役柄とはガラリと違う、いつもの?!TAKAHIRO節全開の軽快なトークでイベントを盛り上げていました。

 

 

DSC07414

会場のファンと一緒に記念撮影!

 

[作品情報]

映画『僕に、会いたかった』

◉公開中

◉出演:TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨

宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/

秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎/

松坂慶子

◉監督/錦織良成

◉エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO

◉脚本/錦織良成 秋山真太郎

◉音楽/瀬川英史

◉撮影/金子正人

◉照明/吉角荘介

◉録音/西岡正巳

◉編集/栗谷川純

◉配給:LDH PICTURES

◉公式サイト:bokuai.jp

◉2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96 分

◉©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

取材・文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る