2019.04.03

蒸気機関車は今どこを走る?「乗りたい!」親子のSL旅行

今回は蒸気機関車、すなわちSLの旅の楽しみ方を考えてみます。子どもはもちろん、私も含めて、現役で働いていたSLを見た方も少なくなっているはず。この機会に他の車両では味わえないSLの旅を楽しんでみませんか。

 

そもそも、SLとは?

train201903-1

そもそも、蒸気機関車・SLとは何でしょうか。辞書的に書くならば蒸気機関を動力とする機関車のことを指します。英語に翻訳すると”Steam Locomotive”になることから、頭文字をとって日本ではSLとも呼ばれています。

 

蒸気機関車を動かすには水を沸騰させ湯気を発生する必要があります。そして、湯気のエネルギーを利用することで動輪が動きます。子どもに説明するならば「やかんと同じだよ」と説明すればいいですね。水を沸騰させると、蒸気によってやかんのフタがカタカタと音を立てるはず。つまり、蒸気のエネルギーによってフタが動いているわけですね。蒸気機関車は動く巨大ヤカンと思って構いません。

 

蒸気機関車では水を沸騰させるために石炭を使います。石炭を火室に入れるのは自動ではなく、人間がしないといけません。そのため、蒸気機関車を動かすには多くの人の手が必要となります。電気機関車やディーゼル機関車は石炭を入れる必要がないため、1人の運転手がいればOK。コストがかかる蒸気機関車は次々と姿を消し、1975年(昭和50年)、旧国鉄から蒸気機関車が消滅しました。

 

>>NEXT SLは今、どこに!?

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。