2018.11.18

飛行機を利用すると鉄道運賃がお得になる方法

鉄道と飛行機、意外な組み合わせかもしれません。しかし、少しずつではありますが、鉄道と飛行機との連携が進んでいます。今回は飛行機を使った上で鉄道の運賃を安くする方法を考えます。ぜひ、次の旅行・出張で参考にしてください。

 

空港からの鉄道運賃をお得にする方法


京成スカイライナーに乗るならLCCの利用を 

train201811

成田空港と上野を結ぶ京成の特急列車といえば「スカイライナー」です。成田空港駅からJR山手線・京浜東北線・常磐線との接続駅である日暮里駅まで最短36分!途中の成田アクセスラインでは時速160キロで走ることから、多くの空港利用者から支持されています。しかし、「スカイライナー」は専用車を使った特急列車のため、乗車券とは別にライナー券が必要です。

それでも「スカイライナーには乗りたい、でも高いなぁ…」と思っている人はLCC(格安航空会社)とスカイライナーの組み合わせを考えてみましょう。LCCの各社(バニラエア、ピーチ、春秋航空日本、タイエアアジアX、ジェットスター・ジャパン)の機内では「スカイライナー」にお得に乗れる「スカイライナーバリューチケット」の引換券を販売しています。また、西日本鉄道西鉄福岡駅でも入手可能です。引換券は成田空港駅・空港第2ビル駅にあるスカイライナー券発売カウンターにて引換券とレシートを提示し、「スカイライナーバリューチケット」と交換します。

「スカイライナーバリューチケット」を使うと成田空港駅・空港第二ビル駅→日暮里駅・上野駅間の運賃が大人2470円から2200円になります。270円の割引とはいえ、機内でチケットの引換券を購入すればいいだけ。利用しない手はありません。

ただし、「スカイライナーバリューチケット」には2つの注意点があります。1つ目は上野駅・日暮里駅から成田空港方面への切符は販売していません。2つ目は成田空港着が21時以降の便でも販売していません。

 

>>NEXT 南海「ラピート」をお得に利用するなら?

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。