注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

飛行機を利用すると鉄道運賃がお得になる方法

ライフスタイル

2018.11.18

鉄道と飛行機、意外な組み合わせかもしれません。しかし、少しずつではありますが、鉄道と飛行機との連携が進んでいます。今回は飛行機を使った上で鉄道の運賃を安くする方法を考えます。ぜひ、次の旅行・出張で参考にしてください。

 

空港からの鉄道運賃をお得にする方法


京成スカイライナーに乗るならLCCの利用を 

train201811

成田空港と上野を結ぶ京成の特急列車といえば「スカイライナー」です。成田空港駅からJR山手線・京浜東北線・常磐線との接続駅である日暮里駅まで最短36分!途中の成田アクセスラインでは時速160キロで走ることから、多くの空港利用者から支持されています。しかし、「スカイライナー」は専用車を使った特急列車のため、乗車券とは別にライナー券が必要です。

それでも「スカイライナーには乗りたい、でも高いなぁ…」と思っている人はLCC(格安航空会社)とスカイライナーの組み合わせを考えてみましょう。LCCの各社(バニラエア、ピーチ、春秋航空日本、タイエアアジアX、ジェットスター・ジャパン)の機内では「スカイライナー」にお得に乗れる「スカイライナーバリューチケット」の引換券を販売しています。また、西日本鉄道西鉄福岡駅でも入手可能です。引換券は成田空港駅・空港第2ビル駅にあるスカイライナー券発売カウンターにて引換券とレシートを提示し、「スカイライナーバリューチケット」と交換します。

「スカイライナーバリューチケット」を使うと成田空港駅・空港第二ビル駅→日暮里駅・上野駅間の運賃が大人2470円から2200円になります。270円の割引とはいえ、機内でチケットの引換券を購入すればいいだけ。利用しない手はありません。

ただし、「スカイライナーバリューチケット」には2つの注意点があります。1つ目は上野駅・日暮里駅から成田空港方面への切符は販売していません。2つ目は成田空港着が21時以降の便でも販売していません。

 

南海「ラピート」を利用するならピーチかジェットスター

train201811

関西空港駅となんば駅を結ぶ南海電気鉄道も京成電鉄のような空港アクセス特急(エアポート快特)を運行しています。特急列車の名は「ラピート号」。独特のフォルムは今でも新鮮に映ります。

「ラピート号」をお得に利用するならピーチもしくはジェットスターを利用しましょう。なぜなら、両航空会社の機内では「ラピート号」の割引切符「エアライン・コラボきっぷ」の引換券を販売しています。詳細は以下のとおりです。

 

Peach・なんばきっぷ、ジェットスターナンカイきっぷ:関西空港→なんば1130円(300円おトク)

※いずれも片道特急券付き乗車券の引換券を機内で購入できます

 

機内で購入した引換券とレシートは関西空港駅にあるチケットオフィスで提示し、正規の切符と交換します。なお「エアライン・コラボきっぷ」もなんばから関西空港方面の切符はないのでご注意を。両航空会社では「ラピート」以外にも南海電鉄の割引切符の引換券を販売しているので、一度チェックしてみましょう。

 

マイルを使ったユニークなサービス「京急ANAのマイルきっぷ」

train201811

飛行機をよく利用する人でしたら、マイルをコツコツ貯めている人も多いと思います。羽田空港と都心を結んでいる京急電鉄では、切符を購入するとANAのマイルが貯まるサービスを行っています。運賃と積算マイル数は以下のとおりです。

 

羽田空港国内線ターミナル→品川:410円/30マイル

羽田空港国内線ターミナル→泉岳寺:450円/30マイル

羽田空港国内線ターミナル⇔品川:820円/70マイル

羽田空港国内線ターミナル⇔泉岳寺:900円/70マイル

 

このサービスを利用するにあたって、いくつか注意点があります。まず、切符を購入するときの行先指定です。品川駅でJR線に乗り換える際は品川駅までの切符を購入してください。泉岳寺駅から先に行く場合は泉岳寺駅までの切符を購入してください。泉岳寺駅より先の切符を購入するとマイルは付かないのでご注意を。

切符は国内空港にある「京急電鉄キャラクター“けいきゅん”券売機」で発売しています。2018年11月現在、全国17空港に設置。なお、購入からマイル付与までは1ヶ月から2ヶ月ほどかかる、とのことです。

京急以外に鉄道を利用してマイルを貯めるサービスでは、クレジットカード「ソラチカカード((ANA To Me CARD PASMO JCB)」が有名です。東京メトロを利用すると「ソラチカカード」のポイントが付きます。「ソラチカカード」のポイントはANAのマイルへ交換可能。しかも、交換率がおトクです。

 

船と鉄道が両方おトクになる「ポートライナーセット券」

train201811

空港アクセス鉄道の割引切符の中でユニークな存在が「ポートライナーセット券」です。この切符は神戸の中心地、三宮駅と神戸空港駅を結ぶポートライナーと神戸空港・関西空港を結ぶ連絡船「ベイ・シャトル」の切符がセットになったもの。料金は1850円(大人)となり、330円おトクになります。空港へのアクセスとして、鉄道と船の組み合わせは珍しいと思います。時間があれば一度、試してみてはいかがでしょうか。

 

取材・文・撮影/新田浩之

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【鉄道】その他の記事

鉄道
もっと見る