注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

所さんも唸る食パンのお供が最強過ぎ「柿の種の…!?」

ライフスタイル

2020.01.30

朝食の定番メニューといえば、ジャムやマーガリンなどをつけて食べる“食パン”。しかし、毎日同じ味つけの食パンを食べていると飽きてしまいますよね。今年1月放送の『所さんお届けモノです!』(TBS系)では、“食パンを美味しくするスグレモノ4選”を特集していました。

ピーナッツバターが苦手な人でも食べられる“パンのお供”

まず初めに紹介されたのは、年間14万個以上も売れた人気商品「トーストスチーマー」。水に20秒ほどつけた同アイテムと食パンをトースターで焼くと、パンの中の水分が保たれてふっくらと焼き上がります。

 

実際に試食したV6の長野博さんは、「しっとり感がよりある感じがします」と大絶賛。なお、値段が1188円とリーズナブルなところも嬉しいポイントですよ。

 

次に選ばれたのは、一流のパン職人・青柳吉紀さんがおすすめする「柿の種のオイル漬けピーナッツバター」。同商品は柿の種とピーナッツオイル、オリジナルのピーナッツバターが3層構造になっています。

 

ピーナッツバターのねっとりとした食感が苦手と言っていた所ジョージさんも、「ウマいこれ!」とご満悦の様子でした。元々は新潟県で販売されており、瞬く間に2カ月待ちのヒット商品になったようです。

 

>>NEXT V6の長野さんがハマっている商品とは?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【グルメ】その他の記事

グルメ
もっと見る