2019.02.25

赤い帽子に丸眼鏡…あのワクワクさんがYouTuberデビュー!?

20190222youtube01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードをチェックしていきます。意外なトレンドが見えてくるかも!?

 

懐かしの“あの人”がYouTuberデビュー


今年2月にTwitter上で「YouTuberデビュー」というワードがトレンド入りを果たした。誰がYouTuberデビューしたのかというと、かつて子ども向け番組『つくってあそぼ』(NHK)を23年間務めたワクワクさん(本名・久保田雅人さん)。YouTuberになっても変わらず“工作”を披露し、「懐かし過ぎて泣いた」と人々を沸かせています。

 

最初に投稿された動画は、「【速報】あのワクワクさんが遂にYouTuberデビューしちゃいました!」というタイトル。この動画では、紙コップと輪ゴムで“何回でも鳴らせるクラッカー”を作っていました。当然格好は、赤い帽子に丸眼鏡と“あの時”のまま。冒頭では聞きなれたテンション高めの声で、「ヤッホー! ワクワクでーす!」「え? 懐かしい? そうでしょうなぁーみなさんにとっては! でもね、わたしたちはまだまだ工作やってますからね」と自己紹介をしています。

 

そんなワクワクさんが教えてくれたクラッカーの作り方は、まず2つの輪ゴムを結び8の字型に。これを紙コップの底にセロハンテープで張り付け、しっかりと固定したら出来上がりです。簡単な工作ですがアレンジは様々で、「え? 音だけじゃ寂しい?」と言ったワクワクさんは細かく切った色画用紙をコップの中へ。この状態で輪ゴムを引っ張り手を離すと、音が鳴ると同時に紙吹雪が舞います。

 

久しぶりに見たワクワクさんに、視聴者からは「本物だ! 昔と全然かわらない!」「子どもの頃大好きでずっと見てたなぁ」「またワクワクさんを見れるの本当にうれしい! 元気そうで何より」「ワクワクさんを見た瞬間一気に記憶が幼少期に戻った」との声が。また「こうして見るとワクワクさんってかなりYouTuberに向いてるな」「元からノリがYouTuberっぽかった。元祖といっていいかも」といった感想も寄せられていました。

 

>>NEXT 実は噺家になりたかったワクワクさん

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。