2019.02.14

平成にみんながカラオケで一番歌った楽曲が判明!実はラブソングじゃないあの名曲

20190205hanamizuki01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、Twitterで話題の「ハナミズキ」。

 

『スッキリ』で一青窈さんが生歌披露!


今年2月に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)では、“平成で最も歌われたカラオケ”ランキングを発表。第1位に一青窈さんの代表曲「ハナミズキ」がランクインし、Twitterのトレンド入りを果たしました。

 

同楽曲は彼女の5枚目のシングル。2004年にリリースし、「火曜サスペンス劇場」の主題歌に起用された楽曲です。番組が行った街頭インタビューでは、「メロディーラインが好きです」「気づいたらずっと歌ってました」との声が。親しみやすいメロディーが、幅広い世代の心を掴んでいます。

 

さらに同番組には、一青窈が出演して生歌を披露。歌唱前に一青窈さんは「ハナミズキ」という楽曲について、「自分の歌のようで、自分の歌じゃない」「たくさんの人が『カラオケで歌ってます』ってすれ違うたびに言われる」「ありがたいです」と語っていました。

 

そして彼女は地面に座った状態でパフォーマンスを開始し、感情豊かに歌唱。後半のサビで立ち上がり、曲のクライマックスまで一気に歌い上げます。ラストの「君と好きな人が百年続きますように」の歌詞は、近藤春菜さんにマイクを向け「に」の部分を歌ってもらい終了。“カラオケっぽさ”を意識したパフォーマンスですが、近藤さんは「こんなに『に』で緊張したことないですよ」と恐縮しきりでした。

 

そんな「ハナミズキ」のランクインに、視聴者からは「確かにカラオケ行くと絶対歌う人がいるし、1位なのは納得」「10年以上も前の曲なのにハナミズキすごいな」「一青窈の生歌久しぶりに聴いたけど全然衰えてない!」との声が。「ハナミズキ」だけでなく、「一青窈」もTwitterのトレンドに入っています。

 

>>NEXT 実はただのラブソングじゃない「ハナミズキ」

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。