2018.12.18

電池パックに彼氏のプリクラ貼ってた時代が懐かしすぎて泣ける!平成の“恋愛あるある”に共感

20181214heisei01日常のありがちなことを挙げて笑いを誘う“あるあるネタ”。「○○ってやらなかった?」「こういう人っていたよね」と盛り上がった経験はないでしょうか。そこで今回は、“平成の恋愛あるある”を取り入れたCMをご紹介しましょう。

 

“あるあるネタ”を使ったCMが話題!?


キリンビバレッジ株式会社は、2018年11月25日にプラズマ乳酸菌シリーズ「iMUSE」のスぺシャルムービー第3弾を公開。大量に盛り込まれた“平成恋愛あるある”が人気を集めているようです。

 

「iMUSE」のスぺシャルムービーは、思わず「あったあった!」と叫んでしまうような“あるあるネタ”が満載。2016年公開の“小学生あるある”をまとめた第1弾「SPECIAL STUDENT」は、累計で1600万回以上も再生され話題になっています。

 

「SPECIAL STUDENT」には、“1年中半袖短パン小僧”や男子に注意をする“仕切りたがりガール”が登場。さらに“宿題やってきたけど家に忘れる”や“みんなが静かになるまで3分かかりました”などの“あるあるワード”も飛び出しました。

 

この映像を見た人からは、「思わず手を叩いて笑ってしまった」「懐かしすぎて泣きそう」「的確すぎるでしょ…」「宿題を家に忘れてきた奴はだいたいやってないよね」「昔の自分を見ているかのようだ」「あるあるすぎて爆笑!」といった声が続出しています。

 

また「石を蹴りながら下校とかしてたなあ」「なぜか保健体育だけ満点の人とかいたよね」「私たちの世代だと牛乳のコップとか無駄に集めてた」と、“独自の小学生あるある”を発表する人も。

 

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。