2018.12.16

城島リーダー「日本にインドを作る」 スパイス栽培に着手するTOKIOのメンバーが話題!

意外と相性がいい? 車で作物の栽培に取り組む人々


“トラック畑”という斬新なアイデアを生み出した城島さんですが、実は海外でも似たような発想をする人が。

 

農業大国と言われるアメリカでは、トラックの荷室を畑にした青年が注目を集めています。荷室を温室に改造し、野菜や穀物、ハーブなどを栽培。室内はルーフから集めた雨水を利用するなど、車ならではの工夫が施されています。“持続可能な農業”を広めるため、全国で移動教室もしているそうですよ。

 

また昨年開催された「ジュネーブ国際モーターショー2017」では、“栽培コーナー”を搭載したスイス産のコンセプトカーが登場。スイッチ1つで水が流れる仕組みになっており、ちょっとした野菜が育てられます。もしかしたら今後は、新しい形で車と農業が密接な関係を築いていくかもしれません。

 

城島さんのトラック畑も、成果を出せるといいですね。

 

文/牧野聡子

≪ BACK 1 2

3

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。