注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

セブンイレブンのおすすめおかず!カロリー&価格もご紹介

ライフスタイル

2020.05.30

数えきれないほどの種類が発売されているセブンイレブンのおかず。お弁当はもちろん、ランチやディナーにぴったりなものまで、話題になる商品が後を絶ちません。

この記事では、セブンイレブンで発売されているおかずの中から、「おいしい!」と評判の人気商品だけをピックアップ!セブンイレブンでおかずを探す時、ぜひ参考にしてくださいね。

セブンイレブンのおすすめおかず1. 「ほっけの塩焼き」

セブンイレブンのおすすめおかず「ほっけの塩焼き」のパッケージ画像

ご飯のおかずにぴったりな「ほっけ」。焼き魚の定番「シャケ」や「サバ」と並ぶ人気食材で、幅広い世代から親しまれている日本ならではのメニューです。

今回ピックアップしたのは、セブンイレブンの「ほっけの塩焼」。シンプルに塩をふって味つけし、じっくりと香ばしく焼き上げているので、白飯とよく合うおかずになるはず。お酒好きなら、晩酌のおともにもオススメです。

セブンイレブンのおすすめおかず「ほっけの塩焼き」の実物画像

セブンイレブン「ほっけの塩焼」の実食レポ

早速電子レンジで温めてから蓋を開けてみると、湯気とともにほっけのいい香りが食欲をそそります。途端に条件反射でジュワッと唾液が口の中に溢れてきました。

早く一口食べたい気持ちを堪えて、まずはほっけの中央にある骨を除去。焼き色がついた身を箸でほぐし、一口分を頬張ります。

セブンイレブンのおすすめおかず「ほっけの塩焼き」のアップ画像

食べた瞬間にほっけの旨味が口の中全体に広がり、舌を唸らせるほどのおいしさにビックリ。塩加減もちょうどよく“レンチン商品”とは思えない仕上がりで、焼きたてのほっけと錯覚してしまいました。身がほぐれやすくパクパク食べていると、あっという間に完食。白いご飯&お味噌汁との相性も抜群で、朝ごはんに出てきたらかなりテンションが上がりそう。

セブンイレブンのおすすめおかず「ほっけの塩焼き」の実物画像

セブンイレブン「ほっけの塩焼」は133キロカロリー


セブンイレブン「ほっけの塩焼」は133キロカロリー。かなりヘルシーで満足度高めのおかずですね。

実際にセブンイレブン「ほっけの塩焼」を購入した人からは、「ほっけのにおいといい味といい最高! ご飯2杯分が一瞬でなくなった」「まさかコンビニでほっけを買えるなんて。レンチンだけでこのおいしさはヤバい」「魚全然食べてなかったからセブンのほっけ買ってみた! お弁当のおかずにしています」と好評の声が相次いでいます。

セブンイレブンのおすすめおかず「ほっけの塩焼き」の成分画像

中には「職場の休憩中にほっけの塩焼を食べてたら、周りの人が『良いにお~い。私も食べたくなっちゃった』ってみんな言うからちょっとした優越感に浸っている」とつぶやいている人も。ランチ定番の弁当やカップ麺ではなく焼き魚をまるまる昼食で食べるのは、逆に新しいかもしれません。

セブンイレブン「ほっけの塩焼」は細かい骨がないので、面倒な骨抜きがいらないのも魅力的。時間がなくて焼き魚を諦めていた人は、この機会にセブンの「ほっけの塩焼」を食べてみてくださいね!

セブンイレブンのおすすめおかず2. 「肉焼売」

日本で馴染みのあるアジア料理といえば「中華」。神奈川県にある「横浜中華街」が観光スポットとしても有名で、多くの人が本場ならではの味を堪能しています。中でも軽食という意味の“点心”メニューが人気を集めており、おかずやおつまみとしていただく“中華ファン”が多いよう。そこで今回は、セブン-イレブンの「肉焼売(にくしゅうまい)」をピックアップしました。手間が一切かからないので、食卓にもう1品おかずを増やしたい時にオススメです。

セブンイレブンのおすすめおかず「肉焼売」のパッケージ画像

恥ずかしながら初めて商品名を見た際に「にくやき…ばい?」と誤読。しかしネット上に「中華料理って漢字が難しいから全然読めないよね」という声が上がっていたのを確認すると、ほっと一安心。間違ってもセブンの店員に「“にくやきばい”ありますか?」と聞かないように気をつけましょう…。

セブンイレブン「肉焼売」の実食レポ

セブンイレブンのおすすめおかず「肉焼売」の実物画像

早速電子レンジで温めた「肉シュウマイ」を丸ごとパクリ。1つひとつのサイズが予想以上に大きく、1個だけでも口の中が肉シュウマイでパンパンに。力強く咀嚼すると、肉汁がたっぷりと溢れてきてジューシーなテイストが広がります。また遅れて「にんにく」の風味も現れて、さらにおいしさが倍増。たった1個食べただけでも充分なうまみを堪能できるので、きっと完食した頃に満足感でいっぱいなはず。

セブンイレブンのおすすめおかず「肉焼売」の実物画像

何個か食べている内に気がついたのが、肉にシャキッとした食感の具材が入っていること。セブンの公式サイトによると、肉には大きめにカットした玉ねぎと生姜を練り込んでいるそう。歯応えをプラスすることにより、さらに食べ応えをアップさせています。アクセントもつけられるので、最後まで飽きずにノンストップで完食しちゃいました。

セブンイレブンの「肉焼売」は82キロカロリー


セブンイレブンの「肉焼売」は82キロカロリー。6個全部食べたら492キロカロリーですが、お弁当のおかずに分けて入れればカロリーも気にせずに済みます。

全部で6つの肉シュウマイが入っていましたが、もっと食べたような気がするほどボリューミー。白飯なしで完食してもお腹にしっかりと溜まったので、小腹が空いた時に軽くつまむのもいいかもしれません。

セブンイレブンのおすすめおかず「肉焼売」の成分画像

セブンイレブンの「肉焼売」購入者からは、「もうおかずが1品ほしい時に必ず買ってる! しかも本格的な味だから何度食べても飽きない」「うちの子どもに『また肉シュウマイ作って!』って言われたけど、これはセブンイレブンの冷凍食品…」「レンチンだけなのにかなりおいしい! もう毎日おかず冷凍食品にしようかな」と好評の声が続出。

本格中華の味を気軽に楽しみたい人は、セブンイレブンの「肉焼売」をぜひ購入してみてくださいね。

セブンイレブンのおすすめおかず3. 「金の直火焼ハンバーグ」

セブンイレブンのおすすめおかず「金の直火焼ハンバーグ」のパッケージ画像

世代を問わず大人気のおかず、ハンバーグ。家庭で本格的なハンバーグを作ろうと思ったら、肉をこねたり火加減を調節したりとなかなか面倒ですよね。そんな時にオススメなのが、セブンイレブンで販売中の「金の直火焼ハンバーグ」。

セブンイレブンの中でも「最上級のブランド」を標榜する“セブンプレミアムゴールドシリーズ”の商品なので、リッチの味わいにも期待できそう。早速レンジで温めて、レビューを始めていきます。

セブンイレブンのおすすめおかず「金の直火焼ハンバーグ」のアップ画像

セブンイレブン「金の直火焼ハンバーグ」の食レポ

セブンイレブン「金の直火焼ハンバーグ」をレンジから取り出してお皿に移すと、黒茶色に染まったハンバーグが登場。デミグラスをベースに、フォンドボーや牛肉、鶏肉を使ったソースが濃厚な香りを漂わせています。ハンバーグは肉厚なので、ジューシーな食感が期待できそう。

セブンイレブンのおすすめおかず「金の直火焼ハンバーグ」の実物画像

ソースをひと口すくってみると、高級感のある濃いコクがまったりと舌に絡みつきます。黒トリュフが含まれたソースは、味と香りがゴージャスな雰囲気。肉とマッチする適度な甘みと、なめらかな舌触りもたまりません。ソースだけでも十分おかずになりそうなほどの存在感でした。

セブンイレブンのおすすめおかず「金の直火焼ハンバーグ」の実物画像

続けてハンバーグ本体を試食。厚みのあるお肉の食感もさることながら、かなり細かく刻まれた玉ねぎが練りこまれているのも魅力のひとつです。粒感のある肉と玉ねぎの組み合わせで、食べ応えもバッチリ。噛むたびにしみ出す肉汁とソースが混ざり合って、本格感のある味わいを実現しています。

コンビニのレトルトとは思えないジューシーさが印象的のセブンイレブン「金の直火焼ハンバーグ」。プレミアムゴールドのブランドにふさわしい上質なハンバーグでした。ブロッコリーやにんじんなど“つけあわせ”の野菜を用意しても、ソースの味が活かせるかもしれません。普段の食卓におかずとしてプラスするのはもちろん、お弁当やおもてなしにも使えるクオリティです。

セブンイレブン「金の直火焼ハンバーグ」は406キロカロリー

セブンイレブン「金の直火焼ハンバーグ」は406キロカロリー。今回ご紹介したおかずの中ではややカロリーが高い印象を受けるかもしれませんが、ボリューム感とおいしさを考えれば納得です。

セブンイレブンのおすすめおかず「金の直火焼ハンバーグ」の成分画像

実際にセブンイレブン「金の直火焼ハンバーグ」を食べた人たちは、「デミグラスソースが美味しすぎる! ご飯につけて食べても絶品な優秀おかず」「肉厚なハンバーグが食べ応え満点」「息子のお弁当のおかずにしています」「毎日食べたくなるから、買いだめしておこうかな」「レトルトでこのクオリティの高さは信じられないよ」と絶賛しています。セブン-イレブンが誇る高級ブランドの実力を、ぜひ味わってみてはいかがでしょう。

セブンイレブンのおすすめおかず4. 「玉子を味わう! チキンかつ煮」

セブンイレブンのおすすめおかず「玉子を味わう! チキンかつ煮」のパッケージ画像

ふんわりとした玉子と一緒にジューシーなかつが食べられる「かつ煮」。お次に紹介するのは、セブンイレブンの「玉子を味わう! チキンかつ煮」(税込345円)。

専用の鉄鍋で仕上げたチキンかつ煮と、風味・食感にこだわった玉子を味わえるおかずです。ネット上では、「フワフワな玉子がとても柔らかそう。チキンかつもボリュームがあっていいね」「とんかつを使わないかつ煮を食べるのは初めて!」などの声が。“玉子が主役”のかつ煮は、一体どのような味に仕上がっているのでしょうか。

セブンイレブンのおすすめおかず「玉子を味わう! チキンかつ煮」の実物画像

セブンイレブン「玉子を味わう! チキンかつ煮」の食レポ

鮮やかな玉子の上にチキンかつ煮が乗せられた、セブンイレブン「玉子を味わう! チキンかつ煮」。フタを開けると、湯気と共にかつお節の優しい香りがフワッと立ち上がりました。ネギがきれいにトッピングされていることもあり、見た目はお店で提供される本格的な“かつ煮”そのもの。

セブンイレブンのおすすめおかず「玉子を味わう! チキンかつ煮」のアップ画像

チキンかつ煮は1つ1つがぶ厚く、見た目だけでも十分な食べごたえを感じられます。またしっかりと煮込まれている印象で、ジューシーな味わいに期待感がアップ。玉子にも味がよく染みているため、濃厚でとろける甘みが楽しめそう。

それでは最初に、大きくカットされたチキンかつ煮から食べていきます。かじった瞬間、かつお節ととり肉の旨味がジュワッと溢れ出します。とんかつとほぼ同じような感覚でいただけますが、なんといっても脂身の少なさがポイント。食べ続けても全く飽きを感じさせません。

セブンイレブンのおすすめおかず「玉子を味わう! チキンかつ煮」の実物画像

続いてメインの玉子をひと口。かつお節の旨味と共に濃厚な玉子の甘みが口に広がりました。そして最大の魅力が、玉子から“トロトロ”“フワフワ”“ザラザラ”の食感を堪能できること。3種類の舌触りが楽しめる玉子は、まさに“玉子を味わう”に相応しい仕上がりです。

セブンイレブン「玉子を味わう! チキンかつ煮」405キロカロリー

セブンイレブン「玉子を味わう! チキンかつ煮」405キロカロリー。濃厚な味にまとまったおかずなので、ご飯と食べ合わせれば相性抜群です。ご飯の上に乗せて、丼ぶりとして食べるのもありかもしれませんね。

セブンイレブンのおすすめおかず「玉子を味わう! チキンかつ煮」の成分画像

実際に購入した人からは、「めちゃくちゃ玉子が濃厚でコク深かった。まるで贅沢な親子丼を食べてるみたい」「チキンかつ煮がジューシーで食べごたえがあります。玉子も色んな食感が味わえて最高」「トロトロでフワフワな玉子が絶品すぎる! 心ゆくまで玉子を堪能できて幸せだ」といった声が続出中。

お弁当はもちろん、毎日の食卓にぴったりなセブンイレブンのおかずシリーズ。この機会に、ぜひ食べてみてくださいね。

 

文/佐々木佳奈

 

※商品はライターが購入した私物のため、既に完売済みの可能性もあります。メーカーへのお問い合わせはご遠慮ください。

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【コンビニ】その他の記事

コンビニ
もっと見る