注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

通勤バッグ兼マザーズバッグが働くママの新スタンダード

ファッション

2019.10.14

子どもが小さいうちは、なにかと荷物も多くなります。そんな時に活用したいのが「マザーズバック」。年々マザーズバックも進化して、機能性とデザイン性を兼ね備えたものも増えています。

しかし、働くママにとって仕事バッグとマザーズバッグを二つ持って歩くのはなかなか大変なもの。できるだけ荷物は少なくまとめたいですよね。

そこで、今回は働くママ向けの通勤バッグ兼マザーズバック選びのポイントをご紹介いたします。

まずは働くママの荷物をチェック


働くママの荷物はとにかく多い!自分の荷物はもちろん、子供の荷物も結構な量を持ち歩かなくてはいけません。では、実際に働くママがどれだけの荷物を持ち歩いているのかを見てみましょう。

 

 

ママ自身の荷物

・ハンカチ、タオル

・スマホ

・財布

・化粧ポーチ

・ペットボトル、水筒

・その他(折り畳み傘や仕事用のノートPCを持ち歩いているママも!)

 

子どもの荷物

・オムツ5枚

・おしりふき、ウエットティッシュ

・オムツ換えシート

・おくるみ、ケープ

・着替え

・ガーゼ、ハンカチ

 

・ベビーパウダー

・おもちゃ

・ゴミ袋

 

ズラリと並んだ荷物の項目の多さに、驚いた方も少なくないはず。こちらに挙げた項目はほんの一例で、月齢や季節によっても荷物の量が変わってきます。特に夏や着替え、冬は防寒対策などの荷物がさらに増えます。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【アイテム】その他の記事

アイテム
もっと見る