注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

おしゃれママの”マフラー”の選び方&コーディネート

ファッション

2018.12.08

マフラーをまとうママの画像

冬の時期のコーディネートは、全体的に重い印象に仕上がりがちです。だからといって、華やかカラーのアウターを取り入れるのは、少し敷居が高いですよね。

こんなときには、冬の小物の定番・マフラーでアレンジコーデを楽しんでみませんか? 冬も頑張るママたちにオススメの、マフラー活用術を紹介します。

マフラーの色柄の選び方やオススメの巻き方、コーディネートのポイントなど、ぜひ毎日のファッションの参考にしてみてくださいね。

■オフィシャルとカジュアル、使い分けて対応しよう

ビジネスファッションの時のママの画像

おしゃれ上級者は、プライベートで使用するおしゃれなマフラーと、仕事の通勤時に活用するシンプルなマフラーを使い分ける方が多いようです。

仕事の防寒着として使う場合、マフラーにもオフィシャルな雰囲気が求められます。黒や紺、ベージュなどの落ち着いた色合いで、無地のものを選択すると良いでしょう。色柄をシンプルに抑える分、カシミヤなどの上質な素材で差をつけると大人の女性らしさが出ますね。

一方で、「プライベートで使うため、多少カジュアルで派手でも問題ない」という場合には、冬のファッションを華やかに彩ってくれるアイテムを選ぶのがオススメです。赤やパープルなど、比較的鮮やかな色合いであっても、「マフラー」という小物であれば、採り入れやすいもの。全身コーデのアクセントカラーとしても働いてくれます。

■マンネリ脱却! オシャレに見せるマフラーの巻き方4つ

マフラーを身にまとうママの画像

冬の首元を温めてくれるマフラーですが、「気付けばいつも同じ巻き方をしている」なんてことはありませんか? 見慣れたマフラーでも、巻き方を変えると印象がガラリと変わるもの。ぜひその日のファッションや気分に合わせて切り替えてみてください。

★ワンループノット

マフラーの巻き方として、定番のワンループノット。上品で落ち着いた印象になるので、世代を問わず人気の巻き方です。具体的な手順は、以下の通りです。

1.マフラーを広げる
2.マフラーを大体半分のところで折り曲げて、首に巻く
3.両方の端を首の前で合わせ、ループになっている方に、他方を通して完成

マフラーのボリュームや雰囲気によって、印象が変わるのもワンループノットの魅力です。ゆったりとまとめたりしっかりと締めたりと、さまざまなアレンジを楽しんでみてください。

★ダブルクロス

ダブルクロスは、ワンループノットよりもボリュームがあり、華やかな雰囲気に仕上げてくれます。「少し凝った雰囲気にしたい」と思うときに、挑戦してみてください。

1.マフラーをぐるりと首に一周巻き、両端を前に垂らす
2.首元の隙間に、垂らした端を通す
3.もう一方も同様に通す
4.全体のバランスを整えて完成

ボリューム感のある仕上がりを楽しめるマフラーの巻き方です。シンプルな色柄物でも華やかに見せたいときには、ぜひ挑戦してみてください。

★スヌード巻き

マフラーをスヌードのようにアレンジして結ぶ方法で、首元のバランスをすっきりと見せてくれます。全身のボリュームが気になるときや、小顔に見せたいときには、こちらの結び方がオススメです。

1.マフラーを首にかける
2.両端を手に取り、端っこを解けないよう結ぶ
3.一つの大きな円を「8の字」にする
4.下の輪っかも首にかける
5.全体のバランスを整えて完成

マフラーの長さやボリュームによっては、うまくいかないケースもあります。この場合、マフラーを変えて再度挑戦してみてください。比較的薄手のタイプを使うと、うまくいきやすいです。

★ねじり巻き

簡単なアレンジですが、周囲から注目を集めやすい結び方です。シンプルでスタイリッシュな雰囲気になるので、ジャケットやコートに合わせるのもオススメです。

1.マフラーを首にかける
2.くるくるとねじりながら、緩めに首を一周させる
3.首元の輪の中に、両端をとおす
4.マフラーの長さが余っている場合、もう一度首元の輪をとおす

ダブルクロスと似ていますが、「ねじる」ことで印象が変わります。手早くアレンジしたいときにもぜひ挑戦してみてください。

■マフラーをコーディネートする際のコツ

ママにぴったりなマフラーの画像

マフラーで冬のコーディネートを楽しむ際のコツは、マフラーの「バランス」と「目的」を意識することです。

全体がスッキリし過ぎているときには、マフラーでボリュームを足すのがオススメ。反対に、他の部分にボリュームを持たせたいのであれば、マフラーはスッキリと見せた方が良いでしょう。

また柄物のファッションにあえて柄物のマフラーを合わせることで、行動的で華やかなスタイルに近付けられます。一方で「癒し」や「リラックス」といった雰囲気を求める場合、マフラーと洋服を似たカラーでまとめると良いでしょう。

大人らしいファッションを楽しみたいときも、同系色でまとめるのがコツとなります。マフラーとファッションの要のカラーを揃えることで、華やかな色合いでも大人っぽく身につけられます。

■冬ファッションは、マフラーから冒険してみよう

マフラーを身にまとう美女の画像

どことなくマンネリ化しがちな、冬のファッション。「仕事に行くだけだから」と、つい手抜きをしている女性もいるのではないでしょうか。

こんなときには、ぜひお気に入りのマフラーをコーデに取り入れてみてください。マフラーの選び方・巻き方一つで、ぐっと華やかな印象に仕上げられますよ。

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【コーディネート】その他の記事

コーディネート
もっと見る