注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大人の女性を惹きたてるのは「ダークグリーン」のアイテム

ファッション

2019.01.16

ダークグリーンのニットの画像

「ママになってから、コーディネートを考えるのが面倒でモノトーンばかり着てしまう…」そんなお悩みを抱える女性にオススメしたいのが、「ダークグリーン」を取り入れたコーディネート。

ブラックよりもおしゃれで、グリーンよりは合わせやすい。そんなダークグリーンを上手にコーディネートに取り入れれば、シックで大人っぽい女性になれますよ。

◆鉄板はブラックとの組み合わせ!

落ち着いた色のダークグリーンはブラックのアイテムとよく合います。ブラックとダークグリーンの組み合わせは、カラーコーディネート初心者の方にもオススメの組み合わせです。

シルエットが美しいダークグリーンのタイトスカートなどは、ブラックのニット、ブラックのブーツ、ブラックのバッグなどと合わせると統一感が出ます。大人らしくシックな雰囲気は、一目置かれること間違いなしです。ダークグリーンのタイトスカートは華やかすぎないので、普段使いだけではなくオフィスコーデにも◎です。スカートの丈は長めの方が防寒対策にもなり上品ですね。

ボトムスをブラックのワイドパンツにする場合は、トップスをダークグリーンのフレア袖ブラウスにするのがおすすめです。ワイドパンツの広がりとフレア袖の広がりが合っていて全体的に優しい雰囲気になります。ダークグリーンのアイテムは持っているけれど、どうしてもきつい印象になってしまうという方には、ふわっとしたデザインのトップスが適しているでしょう。

逆にブラックのぴったりとしたニットとダークグリーンのボトムスを合わせる場合は、ダークグリーンの裾が広がるタイプのスカートを選んでみると女性らしさが出ます。全体的にまとまった印象になって好印象です。

ダークグリーンのファッションアイテムにはさまざまな種類がありますので、ブラックとの組み合わせでどれを選ぶかがセンスの見せどころです。この冬はダークグリーンとブラックとの組み合わせをいろいろ試してみましょう。

◆きれいめなコーデには欠かせないダークグリーン

ダークグリーンの生地の画像

シックな雰囲気のダークグリーンは、きれいめコーディネートにぴったりです。

独特な形が特徴のダークグリーンのテーパードパンツに合わせるなら、ノースリーブニットがよいでしょう。足首が見えるような靴と合わせるとすっきりとした印象になります。ノースリーブニットやバッグの色はブラックをチョイスするとよりシックにまとまります。きれいめなコーディネートになりますよ。

ダークグリーンのワンピースはパーティーシーンにも使えます。首元や袖口にデザインのあるクラシカルなタイプのワンピースであれば、ダークグリーンでも地味に見えず、適度に落ち着いた印象になります。ビジューがふんだんに使われたデザインのワンピースがおすすめです。ストッキングはヌーディーな色、靴は彩度の低い色を選ぶようにし、クラッチバッグなどでホワイトなどの明るい色を取り入れるようにするとバランスが取れます。このコーディネートならAラインが目立つ美しいシルエットになるでしょう。

ダークグリーンの小物できれいめな感じを出したいときは、ストラップを用いたものなどデザイン性の高いカラーパンプスをチョイスしてみてください。冬は足元を隠しがちになりますが、あえて見せることですっきりとした印象になり、抜け感が出ます。ダークグリーンのパンプスはブラックのパンツなどと合わせるとよいでしょう。

定番のパンツスタイルでも、ダークグリーンのパンプスを合わせるだけでトレンド感が出ます。 カラーパンプスはダークグリーンをファッションに取り入れてみたいけれど、色の組み合わせに悩む、まずは小物から試してみたい、という方におすすめです。一足持っていると冬中大活躍間違いなしです。

◆ダークグリーンはカジュアルにも!

ダークグリーンはカジュアルコーディネートにも役に立ちます。 デニムのパンツはオールシーズン活躍するアイテムですが、暗めの色のデニムとダークグリーンのニットと合わせると途端にこなれた感じが出ます。ダークグリーンのニットはVネックで鎖骨が見えるようなものにすると着痩せ効果がありますよ。ブラウンのポシェットなどと合わせると動きやすそうなイメージになり、アウトドアデートなどにぴったりです。

明るい色のデニムとダークグリーンのニットも相性のいい組み合わせです。ダークグリーンがデニムのカジュアルさを適度に抑えてくれる大人カジュアルになります。

裾の広いデニムパンツと合わせるなら、ダークグリーンのニットも袖口の広いものにするのが相性抜群です。ダークグリーンならブラックほどきつくないので布面積が広くても柔らかい雰囲気が出ます。 パンプスはスニーカー、 小物にベレー帽、バッグにファー付きのミニバッグなどを選択するとカジュアルなのに冬らしい装いになりますよ。

ダークグリーンを用いたカジュアルコーディネートはデニムと合わせるのが鉄板ですが 、全体的に暗めな印象になってしまったときはパンプスに明るい色の差し色を取り入れるのがおすすめです。 特にボトムスが重たい色だと足元まで暗く見えてしまいますので、ホワイトのパンプスを履いてみるなどすると抜け感が出ます。ダークグリーンを着るとどうしても地味になってしまうという方は試してみてください。

ご紹介したように、ダークグリーンを用いたコーディネートにはいくつかの法則があります。これらを守って服を選ぶようにすれば、無理なく流行色を取り入れることができるのではないでしょうか?みなさんもぜひダークグリーンを用いたコーディネートをお試しください。

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【コーディネート】その他の記事

コーディネート
もっと見る