注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

もしも旦那が浮気をしたら? ボロボロになった気持の乗り越え方

コミュニケーション

2019.05.04

186-1

 

もしも夫が浮気をしたら……。あなたはこんな想像をしたことがありますか? 夫婦生活が長くなると、恋のときめきは薄れがちです。そこにすてきな異性が現れれば、ついフラッとしてしまうこともあるのかもしれませんね。

「うちの夫に限ってそれはないない!」なんて笑い飛ばすのは簡単ですが、いざというときのため、シミュレーションをしておくことも大切かも!?そこで今回は、夫が浮気をしていた場合の、乗り越え方を紹介します。

■「これから先、どうするのか」を考えてみる

パートナーの浮気が発覚したとき、感情が大きく揺り動かされる方は少なくありません。強い怒りの感情がわいてくる人もいれば、それよりも不安や悲しみが強く出る人もいるでしょう。

まず大切なのは、その感情に飲み込まれてしまわないこと。勢いのままパートナーにぶつかっていく人もいますが、感情的になっているときに、理論的な話をするのは難しいもの。お互いの心を、ただただ消耗してしまう可能性も高いのです。

浮気をしたのは夫ですが、今後「自分」がどうしたいのかを決定できるのは、自分自身です。夫の浮気を許し、もう一度夫婦として再スタートを切るのか、それとも関係を清算し、スッキリした状態でシングルになるのか……。まずはここを決定するだけでも、気持ちを前向きに持っていけるはずです。

自身の気持ちに整理がつき、向かうべき道が見えてきたら、「次に自分がどうするべきなのか」もわかることでしょう。

■深呼吸をして、思いをノートに書き出してみる

信じていたパートナーの浮気に心を乱され、「これから先、自分がどうしたいかなんでわからない!」と思ってしまうようなケースもあるのかもしれませんね。気持ちが混乱しているときには、むしろこちらの方が「正常の反応」と言えそうです。

このようなときには、まずは何度か深呼吸をしてみてください。そんな気分にはなれないかもしれませんが、深呼吸は脳に酸素を送るために必要なこと。脳に酸素が行き渡れば、冷静に物事を考えられる可能性も高まることでしょう。

深呼吸をしたら、次はノートとペンを用意します。自分の心からあふれてくる言葉を、ノートに思いつくまま書き留めていきましょう。

自分しか見ないノートですから、誰かに遠慮をする必要はありません。もしかしたら、夫や浮気相手に対する罵詈雑言ばかりが並んでしまうかもしれませんが、それも自分の正直な気持ちです。ここで一度、徹底的に吐き出してしまいましょう。

いろいろな思いを書き留めていくうちに、徐々に気持ちが冷静になっていくのを感じられるはずです。最初は「怒り」しかなかったノートにも、必ずどこかで「これからどうしよう?」という項目が登場し始めます。

それに対する答えもどんどん書き出していくことで、自分にとっての理想の「これから」も見つかるのかもしれません。

■「過去」よりも「未来」に目を向ける

夫の浮気に対して、どのような「決断」を下す場合でも、大切なのは「過去」よりも「未来」です。

夫の浮気を許し、夫婦としてリスタートを切るのであれば、「過去を責める」よりも「もう二度と同じ過ちを繰り返さないこと」が重要となります。

そのためには、「なぜ夫は浮気をしたのか」という理由を突き詰め、自分の気持ちを正直に伝えていく必要があります。夫婦が腹を割って話し合う必要がある、というわけですね。

また「夫が浮気をした」という過去の事実を、いつまでもねちねちとほじくり返すのはオススメできません。それよりも「私にはこれから、浮気一回分の権利がある!」と堂々と宣言した方が、これから先の夫婦関係をより良いものへと導いてくれることでしょう。

一方で、夫の浮気が発覚したものの、全く反省の色がない場合や、すでに何度も繰り返している場合には、「離婚」を前提に、今後について考えた方が良いケースもあるでしょう。

この場合はさらに、「過去」よりも「未来」が大切になります。「夫の浮気によって傷つけられた自分」は、すでに過去の存在です。それよりも、「夫から自由になって、ストレスフリーで生きていく未来の自分」に目を向けてみてください。

これから先やりたいことややらなければならないことがハッキリと見えてくると、気持ちが強くなる女性も多いものです。

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る