注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不倫の果てに残った「孤独と慰謝料」あまりに大きな代償と後悔に震える!!

コミュニケーション

2019.01.24

「ちょっとした出来心で」「女としての幸せが欲しい」など、不倫をする理由はさまざまですが、その結果として家族や人間関係など大切なものを失ったり、慰謝料支払いの苦労を背負う立場になることも。予想もしなかった大きな代償と、自分の行いへの後悔に苦しむ女性たちのお話です。

 

彼との連絡が取れなくなって…(ゆりさん/33/看護師)

私が浅はかだったんです。ダブル不倫の末、旦那から離婚を言い渡されました。相手にも非があったため奥さんに慰謝料を払うことは免れましたが、むしろ元旦那に慰謝料を払っています。

不倫関係になったのは2年くらい前。元旦那は経済力や性格など結婚相手として申し分ありませんでしたが、私とは性格が合わず、情熱的に愛してくれる不倫相手にぞっこんでした。

「離婚してもいい」「彼と一緒になりたい」と思っていたし、彼も「いつか一緒になりたい」って言ってくれていたんです。いま思えば、あれがいわゆる〝不倫マジック〟ってヤツです。

shutterstock_1110274853

彼の奥さんが不倫に気づき、元旦那に報告。証拠もあって、言い逃れはできませんでした。その状況でも、私は「これでやっと、彼と一緒になれる!」って思っていたんです…「彼も私を選んでくれる」と信じていました。しかしフタを開ければ彼は奥さんとの関係修復を選び、いっさい連絡が取れなくなりました。

元旦那は生真面目な性格でしたので、私は即刻離婚を言い渡され、そのうえ慰謝料を払うことに。「不倫に舞い上がった代償は大きいなぁ」と、必死に働く毎日のなかでひとり寂しく考えています。

この状況で初めて痛感した愚かさ(えみさん/31/アイリスト)

 数回の浮気がばれて離婚することになった私。8歳の娘の親権を最後まで争いを続けていましたが、離婚の原因が私にあることや収入の問題から、親権は元旦那に渡ってしまいました。

遊びのつもりだったし「ちょっとくらいの火遊びは息抜きとでしょっ」て、甘く考えていた私が愚かでした。義両親に「あんたみたいな女が母親で、孫がかわいそうだ」と言われ、初めて自分の愚かさに心の底から気づきました。

私に経済力がないことは元旦那もわかっていたので慰謝料は免除してくれたものの、資格もない30代女が稼げる金額なんてたかが知れてるんです。生活が困窮するほどではないですが、決して贅沢できる感じではありません。かといって夜の仕事はしたくないし、肩身の狭い思いをしながら実家に戻り、切り詰めながらなんとか生活しています。

shutterstock_1069223327

でもなによりも辛いのは、子どもと離れたこと。月に一度の面会が許されていますが、成長を目にすることはできず…本当にさみしくて。こんな状況になって初めて、子どもを愛していたこと、母親の自覚がなかったことを痛感しています。

いまは、子どもと会える日だけを楽しみに、指折り数える日々を過ごしています。

私、慰謝料のために働いてる?(りえさん/26/派遣)

 既婚者との不倫が奥さんにばれ、慰謝料を請求されました。そしていまも、慰謝料を払い続けています。請求額は500万円、20代の派遣OLが払える額ではありません。貯金もたいしてありませんでしたし。弁護士とのやり取りのあと、なんとか250万円に減額してもらい分割で払っています。

不倫がバレたことで彼には別れを切り出され、慰謝料の手助けも一切なし。親にも言えないし、慰謝料のために夜のバイトも始めました。昼も夜も働いて収入は増えたけど、自分に使えないし旅行にも行けないし、たまに「なんのために、働いてるんだろう…?」って思います。

shutterstock_1043103406

不倫はいけないことだと思っていたけど、周りでも実際に慰謝料請求された人はいなかったので甘く考えていました。よくよく考えたら、別に彼じゃなくてもよかったし…って思うんです。もう不倫はこりごり。慰謝料を払い終えたら、誠実な恋愛をしようと思います。

慰謝料請求をされるに至って、初めてことの重大さに気づいたという女性の話はしばしば耳にします。始まりはふとしたきっかけだったとしても…不倫の結末は予想以上に大きなダメージをもたらすもののようです。

shutterstock_673201393 (1)

ライター:白藤やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る