コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

サレ妻の驚愕!! 「夫の浮気発覚」の瞬間が〝悪夢のサプライズ〟

コミュニケーション

2018.09.11

旦那の不倫が発覚するのは、アヤシイと思って調べて見たら…とは限らないようです。思いもしない偶然から、自分がサレ妻だったことに気づくケースも! 偶然が重なって発覚した夫の不倫、サレ妻も驚く〝出来すぎだけど本当の話〟を聞きました。

旦那の浮気相手が同じトイレに(初美さん/35/事務員)

3歳になる娘を連れて、家族で外食に出かけた日のことです。お店が少し混んでいて少し待たされていたとき、娘がトイレに行きたいというので連れていきました。そこで電話をしている女性がいたのですが、特に気にもとめずに娘の世話をして居ました。

shutterstock_1142465621

と、その時です。女性の口から「啓介ったら~」と聞き慣れた名前が聞こえてきました。旦那と同じ名前だなと思い、なんとなく耳をそばだてて話を聞いていると…どうにも他人とは思えない内容が聞こえてきます。

手を洗いながら大きな声で娘の名前を呼び、ダッシュで旦那のところへ戻ると、電話中ではないですか。「まさか…!」と思いながら、旦那のスマホを奪って着信履歴からかけ直すと…トイレから出てきた、さっきの女性の電話が鳴りました。

気配を察して戸とまどう浮気相手と、「仕事の関係者で…」と無理な言い訳をする旦那…二人を見て、浮気を確信しました。お店に迷惑をかけるわけにもいかないのでその場は穏便に済ませましたが、もちろん帰宅した後はキッチリと旦那を問い詰めたのは言うまでもありません。

をダシに使ったことの天罰!(美羽さん/29/看護師)

旦那と娘が遊んでいるときのことです。娘が「これ見て~!なおこお姉ちゃんにもらったんだよ~」と言ってるのが聞こえてきました。洗い物をしていた私は、「なおこお姉ちゃんって誰よ?」と思っていましたが、そのときは聞こえないフリをしていました。

旦那がどんな反応をするのか、耳をダンボにして聞いていましたが、なにやらコソコソ言っているようで、よく聞こえません。その行為が逆に「なおこお姉ちゃん」は知られてはいけない相手、と言っているようで、女のカンが働いて旦那を疑い始めることになりました。

shutterstock_1159724866

その日から私は、旦那の行動を注意深く監視。よくよく気をつけて見ていると、怪しいポイントがいくつもあるじゃないですか。最大の情報提供者は「娘」。どうやら、旦那は娘のお迎えや遊びに連れて行くついでに、その「なおこお姉ちゃん」と会っているようなのです。

娘はただ仲のいいお姉さんと思っているようで…私は娘には「母さんもなおこお姉ちゃんと友達なのよ」と自然にふるまい、そしてついに、次に旦那が「なおこお姉ちゃん」と会う場所を聞き出すことに成功したのです! 

旦那の両親にも事情を説明し、一緒に現場に乗り込みました。公園でイチャついているところに突撃し、3人で旦那に大目玉を食らわせてやりました!

スマホの予測変換がアヤシイ動き(里紗さん/32/飲食店勤務)

あの日、旦那は珍しくスマホを自宅に忘れて出勤しました。私が出社するときに届けてあげようと思い、「スマホ忘れてるよ~。いまから持っていくから待っててね」と、旦那のスマホから会社にメールを送ろうとしたんです。

すると奇妙なことが…スマホの予測変換がおかしな動きを見せたのです。

「いまから」と打つと→「会いに行っていい?」、「待っててね」と打つと→「🖤」など…私あてのメールでは見たことのない、ラブラブな予測ばかり。ここ数年、そんなラブいモードは微塵もないですから、これは絶対に怪しい! 

shutterstock_255679846

そこでアプリからブラウザ履歴まで調べていくと、出会い系サイトやローカルなSNSを発見! 自動ログインに設定されていたため、簡単にメッセージややり取りの痕跡を見つけました。

その後はコッソリ旦那のスマホを調べる日々、そうしてとうとう浮気の現場も確認しました。証拠がそろったところで実家に旦那を呼び出し追求すると、「なんでバレたの!?」とう表情を見せましたが、両親の権幕に圧倒されてあっけなく土下座していました。

いくら巧妙に隠したつもりでも、ちょっとした偶然から浮気が発覚することはあるもの。やはり悪いことはできないですね(笑)。とはいえ、それに気づく妻たちのカンも、大したものです。

shutterstock_243066592

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る