注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【続】夫の浮気相手は「保育園のママ友」だった!裏切りの結末が恐い

コミュニケーション

2018.09.08

2018.09.10

先日の「夫の浮気相手が保育園のママ友だった」という内容の記事に、反響続々!今回はその続編です。いつも笑顔で挨拶するあのママ友が、まさか…お互いの子どもまで巻き込む〝不貞中の不貞〟の地獄絵図が恐ろしいことに!

<関連記事>「夫の浮気相手は「保育園のママ友」だった!働く妻の〝まさかの修羅場〟」

浮気相手本人からのおぞましい告白(美紀さん/30/パート)

旦那の浮気相手が保育園のママ友だと知ったのは、まさかの「浮気相手のママ友本人からの申告」でした。以前から旦那の帰りが遅かったり、やたらとオシャレをして週末にふらっと出かけたりして、不審には思っていたんです。

ある日、旦那に「あなた、浮気してるでしょ? 私知ってるよ?」とカマをかけました。そのときの旦那の反応で浮気を確信しましたが、相手まではわかりませんでした。

すると後日、ひとりのママ友から電話が。「会って話をしたい」いうのです。そして私の旦那と浮気していること、旦那から「妻にバレた。離婚して君と一緒になりたい」と言われ困っていること、などを告白されました。

shutterstock_484351516

さらに旦那からは「円満に離婚してくれないなら、君の夫や保育園に事実を告げる。誘ってきたのは君なんだから」と脅されているとのことでした。彼女は離婚する気はないらしく、ただただ「ごめんなさい」と泣くばかり。あまりにもおぞましくて身勝手な要求に、ついママ友への怒りも忘れてしまいました。

もちろん私は旦那との離婚を選びました。ダブル不倫なので、事を大きくしたら向こうの夫に慰謝料を請求されることもありますので、浮気相手のママ友には「旦那さんには内緒にする」という約束で多額の慰謝料を請求。怨み辛みをこじらせるよりも、お金で解決する道で得を取りました。

白昼堂々、子どもの前で行われた行為(しのぶさん/33/介護士)

私が旦那とママ友との浮気に気づいたのは、その親子を自宅に招いたときのこと。そのママはシングルマザーで、子ども同士が仲良しということもあり、長年に渡って旦那も含めた家族ぐるみのおつきあいを続けていました。

昼食を食べ終わった子どもたちが遊んでいると、ママ友の子どもが突然「直人くん(息子)のパパって、すごくマッサージが上手なんだよ!」と…それを聞き、若干取り乱して子どもの言葉を止めようとするママ友。

気になった私が彼女を制して「続けて?」というと、「だってね、直人くんパパがおうちに来て、いつもママの部屋でマッサージしてるんだよ! ママ、いつも『気持ちいい』って言ってるもん」。

shutterstock_345692375

最後まで聞いて、うつむくママ友。問い詰めると、旦那との浮気を認めました。彼女は本当に仲よくしていると思っていましたし、昼間、しかも子どもがいる家で行われたという裏切り行為に頭が真っ白。

話し合いの結果、お互い子どものこともあるので離婚はしませんでした。が、程なくして、そのママ友親子は保育園からいなくなりました。

◯月◯日、旦那がママ友と浮気します(莉子さん/29/パート)

ある日、ひとりのママ友から気まずそうに連絡がありました。「莉子さんちの車のナンバーって〇〇−〇〇だよね?」。

そうだと伝えると「この前、助手席にAさんが乗ってるのを見たんだけど。ホテル街で…」と言うんです。Aさんというのは保育園のママ友です。最近、旦那の行動が怪しいと思っていた私は、彼女の言葉を自然のことのように受け止めていました。

shutterstock_1171366879

それからは、旦那の手帳や携帯をチェックするように。携帯にはロックがかかっていて内容は確認できませんでしたが、手帳には「A」と書かれた予定がちらほらと。それは、旦那が出張や残業のときに多く記載されていました。

不審に思った私は決定的な証拠を掴むべく、次週のページを写真に撮って興信所へ行き、「旦那が〇月〇日に浮気するので証拠をつかんでほしい」と伝えました。後日、届いた結果は「黒」。

ママ友と旦那に裏切られた私は離婚を決意、すぐさま証拠を持って弁護士事務所に相談し、二人に思いきり慰謝料を請求しました。保育園のママ友やAの夫にも証拠を見せた結果、彼女も離婚することに。彼女の居場所は、もうどこにもありません。

夫が不倫している事実を知るだけでもショックなのに、相手が信頼していた保育園のママ友となると、人間不信になってしまいそう…。

お話を聞いた3人とも、「発覚前は不倫なんてテレビとかそういう話だと思っていた」とのことでした。もしかすると知らず知らずのうちに、あなたにも魔の手が忍び寄っているかもしれません。

shutterstock_491857795

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る