注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫が浮気したら許すor許さない? 意外にも【許す派】の意見が怖すぎる!!

コミュニケーション

2018.08.08

2018.09.10

とある調査によると、「夫の浮気を許せる妻・許せない妻」の割合は、ほぼ半々なのだとか。一度は好きで結婚した夫に対する気持ちの変化、その差は一体どこからきているのでしょうか? 許す派、許さない派、それぞれの意見と理由を聞いてみましょう。

【許さない派】愛情が殺したいほどの憎しみに(絵理さん/27/会社員)

私の両親に大反対され、勘当状態で結婚して4年。とにかく退路を断っての結婚でしたから、夫が私を裏切るわけがないと固く信じていたんです。「子どもが欲しいね」っていつも話していた平凡だけど穏やかな日々…それがこんなことになるなんて、いまでも信じられません。

夫の浮気が発覚したのは、先月のこと。あれだけつらい思いをして結婚したのに、1年も経たないうちに浮気がスタートしたらしく…その後、何年間も裏切られていたということがわかりました。

自分でもよく耐えたと思います。私の愛情が深い分、裏切られた悲しみ・憎しみが大きくて、隣で寝ている夫を本気で殺そうと思う瞬間もありましたから。

shutterstock_282767129

いまですか? ここまで裏切られた彼と添いとげる自信はないですし、恨みしかありません。探偵に依頼して、裁判が有利になるよう証拠集めをしているところです。

動かぬ証拠が出てくるごとに、「なぜ、こんな男と縁があったんだろう…」と、まるでメッキがはがれるように、愛情がなくなっていくのを感じています。二人には必ず、私と同じ痛みを味わわせてやります。

【許さない派】絶対に別れません、一生償ってもらいます(光子さん/31/パート)

夫と元カノの浮気が始まったのは、半年ほど前から。彼のスマホに保存されたツーショットを見つけて問いつめたところ、「道でばったり再会した」と苦しい弁解。ドラマじゃあるまいし、そんな予定調和あるわけないでしょ!

元カノというその女を“バリキャリの独身”と平然と話す夫。彼女が輝いてみえる分、仕事と育児に追われる私は、さぞかしくすんで見えるのでしょう。それでも結構です。「旦那のことを愛しているの?」と聞かれれば、もともとそこまでの愛情はなかったんですから。

shutterstock_163180541

でも浮気されたら以上、話は別です! 女としてバカにされた、自分のものをとられた、という悔しさで許すことなんか絶対にできません! もちろん別れませんよ、私は悪くないんですから。

その女の会社に乗り込んででも、2人の間は必ず裂いてやります。そして旦那には、一生奴隷のようにつぐなっていただきます。これは愛情ではなく、女の意地です。

【許す派】すでに愛情はありませんから(笑)(優衣さん/32/自営業)

あ、許しますよ(笑)。なぜって、すでに旦那には愛情はありませんし、そんな人にHを求められるのもイヤなので、いまの私にとって浮気はむしろ好都合ですね。

shutterstock_109348214

子どももまだ小さいですから、別れることも考えていません。彼はお金を運んでくれるシステムの一部、「歩くライフライン」としてしっかり稼働してもらいます。

そこが絶たれると困りますから、浮気は見て見ぬフリをして「今月もありがとう!」とか言いながら、給料日だけ国産肉のセール品で、すき焼きをふるまってます。私自身の仕事が成功し、子どもが大きくなれば、お払い箱はその時かな(笑)。

【許す派】セレブランチのネタになるのはまっぴら(里奈さん/36/料理教室経営)

大学付属の小学校に子どもを通わせているので、子どもの親同士が長いつき合いなんですよね。だから娘の学校で転校していく子どもは、大半が親の離婚か、その影響でおばあちゃんに預けられたとか、成績が落ちてしまったケースなんです。

「離婚した」だの、「借金で首が回らない」だの、「いまは落ちぶれている」だの、そんなウワサ話は、お母様たちの格好のランチネタ。私がそのセレブランチのおかずになるわけにはいきません。

shutterstock_249403120

それに仕事の関係上、旧姓にもどるとなにかと不都合が起きるんです。それに主人が勤める会社名や学歴も私の肩書きにブランドとして使えますので、利用できるうちは利用しようと思います。

それに、うちの旦那様、飽きっぽいんです。どうせ浮気も長続きしないので、とりあえずは許すということにしています。

このほか、「目には目を、旦那の浮気が終わるまで自分も浮気する」というご意見もありました。

許す派、許さない派、どちらの意見も理解はできますが、「許す」の理由が優しさや寛容さなのかと思いきや…超ドライなのに驚きです!

shutterstock_44820124

ライター:黒坂彩子
修羅場、ドロドロ、感動話、さまざまなリアル体験を見聞きした中から、「女は潔く生きよう!」をモットーに、女性としての筋の通し方を追求中。時折、「筋道を通さないほうが幸せかもしれない」と酔ってクダをまくフリーライターです。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る