注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

旦那の浮気を許した妻は、なぜ「許すことができた」? その理由

コミュニケーション

2018.06.04

2018.09.10

夫の浮気が発覚! その瞬間は逆上して「もうムリ、絶対に離婚!!」と思っても、のちのち冷静になるとそう簡単にはいかないことが分かってくるもの。

子どものこと、生活のことなど、さまざまな高すぎるハードルから、離婚を思いとどまった経験のある方も多いと思います。とはいえ、夫に対する気持ちには、なかなか整理がつかない…。

夫の浮気を許した妻は、どんな心情の変遷があって、いまに至っているのでしょう。そのときの状況、その後どうなったか、「浮気」発覚後の乗り越え方について、聞いてみました。

shutterstock_631821023

子どもの無邪気な笑顔が、文字通りかすがいに(春香さん / 27/ 販売員)

娘が4歳になる頃、旦那が職場の後輩と浮気していることが発覚しました。私としては、「浮気は絶対許せない!」と思っていたので、旦那がなにを言おうと、サッパリ離婚しようと思っていたんです。

ただ、旦那が娘をとても大切にしていて、愛していたことはわかっていました。ですので、「離婚までの同居期間、娘をつれて公園に遊びに行きたい」という願いだけはOKすることにしたんです。

もちろん私は一緒に行くつもりはなかったんです。しかし、娘が「ママも一緒じゃないと嫌!」とグズるので、結局3人で少し大きな公園に行きました。

娘が原っぱで遊ぶ姿を見ながら、夫は、今後のことをあれこれ聞いてきましたが、私は話す気もなく無視。そんなときに、娘が咲いていたタンポポを摘んで、私たちのところに持ってきたんです。

「これがママで、これがパパで、これがれいちゃん!」と言って、無邪気に笑いました。

それは大小3輪のタンポポで、娘にとっては私たちふたり…いや、3人のことを、変わらず家族だと思っているんだと感じ、涙が出てきて娘を抱きしめました。

shutterstock_103568732

公園から帰って、今回だけは旦那を許して娘のためにやり直すことに決めました。

そのときの気持ちは、娘がくれた宝物。タンポポを持って笑っている、そのときの娘の姿を写真に撮って、いまも壁に飾っています。

もちろんすぐに怒りが静まったわけではありませんが、そんなときにはこの写真を眺め、このときの気持ちを思い出すようにしています。

ふたりの間に問題があるときは、その写真の前で腹を割って話し合うことに。旦那も「娘のために浮気は絶対しない」と決心。その約束は、いまも守られています。

浮気をした“心の内”を丁寧に聞き出しました(弥生さん / 30/ サービス業)

5歳の息子と3歳の娘がいます。私も旦那も共働きで忙しく、旦那は平日の帰りが遅く私は週末も仕事があるので、当時はなかなか夫婦のコミュニケーションをとるのが難しい状況でした。

旦那は家事も育児もよくしてくれていたのですが、ある日の夜ふと気になって。旦那が寝ている間にスマホを見てみると…浮気の証拠LINEを発見してしまったんです。

shutterstock_500529364

相手は私より年上で、会話の内容から察するに、旦那の職場の先輩のようでした。

しかも、LINEの内容は、私には話さないような仕事の悩み、弱音、甘え旦那が浮気相手と関係を持っていたことより、私に話してくれない心の内を彼女に話していたことのほうがショックでした。

その後、週末に休みをとり、子どもたちは実家に遊びにやって、旦那に「大事な話がある」と言って話し合いの場を持ちました。

まず、浮気のことを知っていると単刀直入に言い、「私ってあなたのなに? 話してくれないことがあるのはどうして?」と、旦那の気持ちをまず引き出すことにつとめました。

shutterstock_267590936

浮気をいきなり責めても、心の内はきっと聞けないと思ったからです。話し合っているうちに、旦那が職場でパワハラを受けていることや、夫婦のコミュニケーションが少なく寂しい思いをしていること、家族の前ではかっこいいパパでいたかったことなど…旦那のツラい心のうちがわかりました。

その気持ちに気づかなかった私は、「これはふたりの問題だ」と考え直し、先輩との関係をしっかり終わらせてもらったうえで、もっと夫婦の時間を作ることに。

いまでは、ひと月の予定に家族で過ごす時間、夫婦で過ごす時間をしっかり決めて、なんでも話せる夫婦を心がけています。

………………………………………………

浮気は夫婦にとって、“命にかかわる病気”のようなもの。「夫婦の絆」という命を失わないためにも、コミュニケーションをしっかりとることが大切です。

浮気が発覚した場合には、許すのか許さないのか…どちらにしても苦渋の選択であることに変わりありません。もし、ふたりの絆を修復する“治療法”が見えたなら、まずは試してみるのもひとつの方法ではないでしょうか?

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る