注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「同じお墓には入らない」夫の不倫を許さない妻は密かに〝熟年離婚〟を誓う!!

コミュニケーション

2019.09.13

2020.04.17

「熟年離婚」を切り出すのは、妻からのケースが大多数のよう。そしてその妻たちの多くは、なんと「前々から周到に離婚を計画していた」と言います。今回は旦那さんの不倫が原因で、いままさに熟年離婚を計画中だという妻たちに、離婚するために進めている準備について聞いてきました。

 

 

iStock.com/recep-bg ※画像はモデルを起用したイメージです

■結婚生活の継続と同時に決心したこと(奈緒美さん/30歳/事務員)

第一子を身ごもってすぐ、旦那が不倫しました。体調面でも精神面でも私が一番苦しい時期に、彼は若い女とよろしくやっていたんです。それが発覚したのは出産後。初めての育児に疲れ切っていた私を、奈落の底に突き落とすには十分すぎる出来事でした。

「絶対に許せない!」そう思いましたが、子どもの将来を考え、離婚は踏みとどまったんです。しかしそれは「そのときは」というだけのこと。結婚生活の継続を決断をしたと同時に「子どもが成人したら離婚する」という決意も固めました。

それから私は、旦那に隠れて貯金を開始しました。そして仕事もがんばり、自分ひとりで生きていけるよう「年にひとつは資格を取る」という目標も決めました。あれから6年。順調にお金も貯まり、計画通り資格も6つ取得しました。

すべては「同じお墓に入りたくない」という強い気持ちから…彼のことを、私は絶対に許しません。

■すべては「熟年離婚」ために(真央さん/35歳/事務員)

iStock.com/anurakpong ※画像はモデルを起用したイメージです

4年前に発覚した旦那の不倫、しかも相手は私のママ友でした。当時は毎日泣き喚き、喧嘩し…それでも離婚しなかったのは、子どものためです。両親が離婚した経験を持つ私には、離婚が子どもに与える影響がどれほどのものなのか、よくわかっていたんです。

もしかしたら旦那は「自分の罪が許された」と思っているかもしれませんが、私は絶対に許しません。「子どもが高校を卒業したら離婚しよう」と決意しています。

そのために子どもには「高校を卒業後、家を出て行って欲しい」と思っています。大学進学でも、就職でもかまいません。子どものメンタルへの影響を最小限に抑えるため、とにかく家を出て欲しいのです。

だから小学2年生の息子にいま私ができることは、将来の選択肢を少しでも広げるよう導くこと。すでに塾には通わせていますし、野球やサッカーなど興味のあるスポーツはすべてやらせています。

残された時間はあと10年…この時間をフルに使って、子どものひとり立ちを支援していくつもりです。すべては「熟年離婚」のために!!

■離婚後の人生のための自己投資(恵子さん/28歳/美容部員)

iStock.com/west ※画像はモデルを起用したイメージです

「一生お前だけを愛すると約束する」このプロポーズの言葉を信じ、旦那との結婚を決めました。しかしそれから1年後、彼は見事に裏切ったんです。「一生」と誓った男が、「たった1年」で約束を破ったんですよ。

相手は同じ会社の後輩社員だそう。「もう二度としない!」と土下座する彼を見ながら、私は18年後の離婚を決意しました。なぜならそのとき私のお腹には、子どもがいたからです。それ以来、旦那に愛情を感じたことは一度もありません。

表面上は人並みの結婚生活を送っていますが、考えているのは常に、旦那と離婚した後の「開かれた人生」のみ。それだけが生きがいだと言っても過言ではないでしょう。子どもが18歳になるまで残り12年、そのとき私は40歳です。

その歳でも充実した第二の人生を送れるよう、美容とスタイル維持は欠かさないつもりです。自分の給料の大半はエステ、ジム、ヨガなど、自分への投資につぎ込む日々。仕事も美容系に転職しました。「40歳の自分への投資」をする日々は、希望に満ちた時間です。

iStock.com/anurakpong ※画像はモデルを起用したイメージです

離婚に対する妻たちの決意と行動力には、並々ならぬものを感じます。それほどまでに、夫の不倫は妻の心を傷つけるということでしょう。夫の不貞行為を決して許さないと言う強い怨恨と、子どもを育てぬくという強い覚悟を感じました。

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る