コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

初孫フィーバー恐るべし!同居する義母の謎理論がすごい

コミュニケーション

2020.10.07

こんにちは!義理の両親と同居を始めてはや十数年、いわゆる「同居嫁」として脂の乗り切った二児の母、甘木サカヱと申します。

 

CHANTOWEBさんでは以前、大好きな絵本についての記事をいくつか書かせていただきました。

 

このたび、Twitterでもよく呟いている、個性的な義父母との三世代同居生活の悲喜こもごもについて連載させていただくことになりました。

 

プラス面もマイナス面もてんこ盛りの賑やかな三世代同居の様子、楽しんでいただければ嬉しいです。

 

早朝からハイテンションな義母と夜型人間の私

さて、私たち夫婦と義父母が同居を始めたのは、現在中学3年生の長男が2歳になったばかりのころ。

 

もともと別々のマンションに住んでいた二家族が、これからの育児や介護を見据え、一軒家を買って同居しようということになったのです。

 

夫の両親との同居トラブルで一番ホットな話題といえば…そう、嫁姑問題我が家の嫁姑はこんな感じです。

 

  • 義母…とにかく陽気で圧が強い。世話好きで社交的、早朝からハイテンションなパワータイプ。泳ぐのをやめると死ぬ回遊魚。マイペース。
  • 私…とにかく根暗で体力と気力がない。鬱病、メニエール病ほか複数の持病のある夜型人間。頑張れば明るく活発に過ごせなくもないが、その後かならず数日倒れる。マイペース。

 

…そんな性格も体質も正反対という、一見して混ぜると危険な二人。

 

ここに家族として加わるのが、几帳面で神経質だが基本は優しい義父と、無口で穏やか、存在感薄めな夫。そしていまいち行動が読めない宇宙人のような息子、同居を始めてから生まれた、まじめで理屈っぽい娘。この6人が我が家の家族です。

 

確かに人間関係のトラブルもたくさんありますが、これでも結構うまくやっているのです。それなりに、何とか…

 

>>NEXT 孫かわいさからくる義母の謎理論

1 / 2 ページ
KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る