注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

親なら許せるのに…義父母の子育て介入はありがたいと思えない

コミュニケーション

2019.08.20

育児で悩んだ時は、先輩お母さんや家族からアドバイスをもらう人が多いようです。しかし中には、口出しされてムッとするケースも。そこで今回は、子育てに対する“他人からの口出し”について注目してみましょう。

 

両親や義父母の口出しはOK!?


まず“子育ての口出し”を許せる間柄として、多くあげられていたのが“自分の親や義両親”でした。経験者の声を見てみると、「実母に注意されるなら何だか納得できる」「私より人生を長く経験している義父母の口出しは全然気にならない」「子育てのベテランからアドバイスをもらえるならありがたい」といった意見が。

 

しかし親以外からの口出しになると、不満を覚える人が増えていきます。中でも目についたのが「自分の兄弟や姉妹に指摘されるのは嫌だ」という意見。「お姉ちゃんに子育てについて色々言われたけど、イラっとしてしまった…」「お母さんから指摘された時はすんなり聞けるのに、兄弟から言われると何故か腑に落ちない」という声が寄せられています。

 

続いて「素直に受けつけられない」とのコメントが多かった間柄は、「友人や知人」でした。「先に出産した友達は会うたびに子育ての話をしてくる。アドバイスを求めていないので、正直やめてほしい」「家にきた知人から『おもちゃが古めだから新しくした方がいいよ』って言われた時はムカついたな」などの経験談も。

 

ご近所さん・子育て経験がない人からの口出しはNG?


兄弟や友人からの口出しを聞き入れない人が多い一方で、「ご近所さん」の指摘にもイラっとする親が続出。「顔見知りのご近所さんに『子どもがまだ小さいうちは外に連れ出さない方がいいわよ』って言われた。そうですねと返事しましたが、心の中ではモヤモヤ…」「体質のせいでうちの子どもは痩せ型なんだけど、近所の方に『ちゃんと母乳を飲ませてるの?』と聞かれた時は唖然としたよね」との声が寄せられています。

 

さらに、“子育て経験がない人”の口出しを快く思っていない人も登場。「子育てをしたことがない人に“母親の辛さ”がわかるとは思えない」「泣いている子どもをなだめていたら、友人が『もっと厳しく叱らなくちゃ!』と私に指摘。でも子育ての経験がない人だったので、素直に受け止められませんでした」などのコメントが目立ちました。

 

反対に「口出しではなくアドバイスしてくれてると捉えるべき」という謙虚な意見も。「相手の指摘が正しい場合もありえる。時には柔軟に聞き入れることも必要だと思うな」「親の思い込みによって子どもを苦しませてしまう場合もある。周りのアドバイスを参考にすれば視野が広くなるはず」という声も少なくありません。

 

実親と義父母によって受け止め方が変わる!?


子育てに対する口出しで、「イラっとする」「ありがたい」と感じる人はどのくらいの割合なのでしょうか? インターネット広告事業を展開するマザーファースト株式会社は、以前“子育てに干渉された時の気持ち”についてアンケート調査を実施。10代~50代のお母さんたちに“子育てに口出しされた経験がありますか?”と質問しました。

 

最も多かった回答は“実の親に言われた”の47.8%。次いで“義理の親に口出しされた”が32.7%でランクインしています。

 

また“口出しされた時の感情”を尋ねると、実親に言われた場合は「イラっとする・嫌だ」と感じた人が41.6%でした。一方“義理の親”の指摘に対して不快に思った人は62.8%と、実親を上回る割合に。反対に「嬉しい」「ありがたい」と感じた時の合計は実親だと23%で、義理の親は14.2%となりました。

 

イラっとくることもある“子育てへの口出し”。取り入れられるアドバイスは、自分の子育てに活かしたいですね。

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る