2019.04.02

旦那には付き合いきれない!?夫婦の晩酌事情が世帯によって大差あり

20190401bansyaku01家でしっぽりと飲む“晩酌好き”は、世の中に多いはず。奥さんと“たわいもない話をしながら”というのが、旦那さんにとっては嬉しいのかもしれません。しかし女性陣の中には、あまり晩酌を“快く思わない人”もいるようです。

 

“毎日3時間の晩酌”には付き合いきれない!?


「旦那の晩酌が、正直言うと面倒くさいです」と漏らす30代の主婦。旦那の晩酌は“毎日”で、飲み始めからシメの食べ終わりまでに3時間ほどかけるそう。彼女は“おつまみ”を準備することに加え、シメ料理のタイミングも旦那のペースに合わせています。結局洗い物が夜遅くになってしまうこともあり、「旦那の晩酌って、世間的にもこれくらいが普通なのでしょうか…」とお悩みのようす。

 

このエピソードを受け、まずは彼女に対する称賛の声が上がりました。「おつまみにシメ料理までつくなんて、どれだけ贅沢な待遇なんだ!」「家でそこまで晩酌を堪能できるなら、外での飲みはもう不要だね」といった声が相次ぐことに。

 

続いて、晩酌好きな男性からの“晩酌事情”が次々と披露されています。「外で飲むより晩酌の方が好き。ビールや焼酎をチマチマ飲んでるよ!」「お酒がそんなに強くないから、晩酌は長くても1時間半くらいかなぁ」「おつまみは自分で、ご飯は嫁さんに作ってもらっています」など、各家庭でスタイルはさまざま。中には、「休日に仕込んだチャーシューをつまみにしています」とコメントする人もいました。

 

>>NEXT 晩酌をして“怒られる”旦那が続出!

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。