注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「夫に冗談が通じなくて辛い…」 ジョークを真に受ける人との話し方

コミュニケーション

2020.02.09


緊張した雰囲気を和ませる“冗談”。他愛のない内容が意外と盛り上がることもあり、普段から会話にジョークを織り交ぜている人も多いはず。しかし中には、冗談を真に受けて傷ついてしまう人も…。

冗談が通じない人とのすれ違いが話題に

とある女性は「旦那が冗談をいつも真に受けてしまい、傷ついたり怒ったりしてしまう」と悩みを吐露。「ちょっとしたジョークでも落ち込んでしまう時があるんですよね」と、冗談が通じず悲しい思いをしていると嘆いています。

 

ネット上では、「冗談で言ったつもりが本気で怒られた。場を和ませたかったんだけどな」「軽い冗談も通じない人っているよね。気楽に話せないから気を遣ってる」と共感の声が。全体的に“会話を盛り上げたい”と考えてジョークを言う人が多いようです。

 

特に目立ったのは、思わぬところで相手を傷つけてしまったというエピソード。性格や見た目に関わるジョークは、相手のコンプレックスを刺激してしまいます。声の中にも「シャイな性格をイジったら地雷を踏んでしまいました。本人はものすごく気にしていたみたい」「最近太ってきたんじゃない? って冗談が思った以上に相手を傷つけたことがあるよ」といった意見が見られました。

 

>>NEXT 肝心なのは相手の価値観!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る