注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「浮気したのはお前のせい」夫の〝責任逃れ〟が妻の自尊心を崩壊させる

コミュニケーション

2019.10.10

2020.04.18

浮気や不倫が発覚したとき、夫から「お前のせいで浮気したんだ」と、まるで「原因は妻にあるかのように言われた」という話はよく聞きます。「ふざけるな!」と反論できる人は良いのですが、「私のせいなの?」と自分を責めてしまいがちな人は注意が必要です。夫の責任逃れで、自尊心を傷つけられた妻の話を聞きました。

 

 

■「旦那の浮気は私のせいだ」と責めて(優子さん/30/営業事務派遣)

iStock.com/monzenmachi ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那の浮気に気づいたとき、最初は「許せない!」という怒りでいっぱいでした。浮気の証拠を突きつけると「うるさい! 癒してくれる女といたいんだ」と言われて失望しました。その後も謝ってくる様子もなく、予想外の態度に動揺が隠せませんでした。

それからというもの「旦那が浮気するのは私のせいじゃないか」と自分を責めるようになったんです。「こんな言い方するからダメなんだ」「女として魅力がないんだ」と、考えては自己嫌悪に陥る毎日。

そんなボロボロになった私を見かねた親友が「浮気は妻のせいじゃない! あんたは十分がんばってきたよ」と言ってくれたんです。涙があふれて止まりませんでした。自分を肯定してくれた親友の言葉で、やっと目が覚めました。

原因の一端はあったのかもしれないけれど、私のせいにされる筋合いはないと気づきました。旦那とは離婚に向けて話し合いを進めていますが、気持ちは前向きです。自尊心を傷つける相手とは離れて、まずは自分を大切にしていこうと思っています。

■別れたくない気持ちから自分のせいにしてた(亜由未さん/31/栄養士)

iStock.com/liza5450 ※画像はモデルを起用したイメージです

恋人のときからずっと旦那一筋で、私が追いかけてばかりいました。なので心にはいつも「結婚してくれてありがとう」という下手からの気持ちがあったんです。「嫌われたらおしまい」と思い込んでいたので、常に旦那が優位な関係でした。

旦那が浮気しても私は何も言えないまま。「別れたくない」という気持ちから浮気を容認していました。そして「私が妻として未熟だから」「ダメな女だから」と、自分を責めながら暮らしていました。

そんなとき、たまたま手にとった本にあった「あなたを大切にしてくれる人があなたにとって大切な人」という言葉で、心にズシリと大きな衝撃が! 旦那のことは好きだけど、私にとって大切な人なのかを見つめ直しました。

そして覚悟を決めて、いままでの浮気を問い詰めて離婚を切り出したんです。すると意外なことに「別れたくない! ごめん!」と必死に謝ってきました…まさか旦那がすがりつくなんて驚きです。自分を大切にすることの大切さを、思い知ることができました。

■娘の言葉で客観視できるようになった(美沙さん/40/病院受付)

iStock.com/Tomwang112 ※画像はモデルを起用したイメージです

浮気が発覚し、最初は旦那を責めてケンカもたくさんしました。でも旦那は浮気相手にぞっこんで、別れる気はまったくありませんでした。そのうえ「お前の料理はまずい」「そういうところが可愛くない」とさんざんな言いようで。

最初は怒りもあったんですが、しだいに旦那の言葉を真に受けるようになり、自尊心がなくなっていきました。しかも「自分が原因で旦那は浮気したんだ」と思い込んでしまうように。それからは自己否定ばかりの辛い毎日でした。

家事をしていても「旦那にダメ出しされてしまうかも」と不安になってしまうし、自分の顔を鏡で見ては「ブスだから浮気されたんだ」と、ネガティブなことばかりが頭に浮かびました。そんなとき、気づかせてくれたのは娘の存在でした。

「ママは悪くないよ! パパがクズなんだよ」と…言葉はよくはありませんが「娘にはそう見えているんだ」と急に目が覚めたんです。そのおかげで旦那を客観視でき「あんな言葉を真に受けなくていいんだ」と心が楽になりましたね。

iStock.com/monzenmachi ※画像はモデルを起用したイメージです

自分で自分を肯定することは、幸せな人生を歩むうえでとても大事なこと。パートナーの浮気は自分を否定された気になってしまい、自尊心を失いがちです。でも、浮気した側が責任をすり替えるのは大間違い。辛いときこそ、自分自身を大切にする気持ちを見失わないことでください。

 

 

ライター:白藤 やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る