コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

小遣いは妻の胸先三寸「常に顔色うかがってます」夫たちの〝窮屈すぎる日常〟

コミュニケーション

2020.04.15

お小遣いの金額は妻の胸先三寸(直樹さん/33/公務員

 

iStock.com/sunabesyou

 

僕にとって給料日は特別な日。だってそれは、妻が唯一僕にお金をくれる日だから。給料日の1週間前から、妻の機嫌を損ねないよう慎重に会話して、娘ともよく遊び、近所への挨拶も欠かせません。

とにかく明るく振る舞って、妻に〝良き夫〟をアピール。4歳の娘に「パパあそぼう!」とねだられたら、「いいよ!」と即答。間違っても「テレビが終わるまで待って」なんて言いません。

そんな失態を犯したとたんに、リビングで家計簿をつけている妻から、鋭い眼光が飛んでくるでしょう。そして妻は「お小遣いを減らすわよ!」と、脅迫してくるはずです。

逆にママ友から「いい旦那さんね」なんてほめられた日の妻は、すごく機嫌がいい。女性はほめられるのが好きな生きものなんですね。

給料日まであと3日! 夕食を食べ終えたら洗いものをして、ゴミ捨てに行こうと思います。もちろん「美味しかったよ」のひと言も忘れずに。すべては小遣いのために!!

 

 

文:芳野 美穂

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る