注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

女性と二人で食事しただけで「浮気だ!」と激怒する妻にうんざりです

コミュニケーション

2019.09.06

2020.04.18

「どこからが浮気か」の境界線は人によって違うものの、「異性と2人で食事に行ったら」と言う人もいます。夫婦だからといっておなじ価値観とは限りません。軽い気持ちで女性と食事に行ったら、妻から「浮気だ!」と責め立てられて大変な目にあった…という夫たち。妻のことを息苦しく感じているようです。

 

■食事に行っただけで?!(貴弘さん/35/営業)

iStock.com/monzenmachi ※画像はモデルを起用したイメージです

会社の女性に誘われて2人で食事に行ったところ、妻が「浮気した!」と大騒ぎになりました。仕事のつきあいもあるし、食事に行くだけでまさか浮気なんて言われるとは思ってもいなかったので、妻の発言にはびっくりしました。

「仕事のつきあいだから」「単なる会社の後輩だよ」と言っても聞く耳を持ちません。しかも「その女性を訴える!」と言い出して、なだめるのが本当に大変でした。最終的には「もう女性と2人で食事には行かないから!」と約束して、なんとか落ち着いた感じです。

でも、さすがに女性と食事に行っただけで浮気なんて。妻がこんな考え方だとは思っていなかったので、なんだかがっかりして引いてしまいました。結婚前に、もっとお互いの価値観を知っておくべきだったと後悔しています。

こっちも好んで2人で食事に行ったわけじゃないし、仕事上のつきあいはノーカウントでしょ! 会社でできない話もあるわけだし、ましてや浮気しようとしたわけじゃない。もう少し視野を広げて大人になってほしいですね。

■面倒くさくなりそうなことは隠そう(誠さん/38/公務員)

iStock.com/monzenmachi ※画像はモデルを起用したイメージです

偶然、会社の近くで同級生だった女友達に再会。やましい気持ちはまったくなく、ただ懐かしい気持ちで「久しぶりに飲みに行く?」という流れになり、2人で飲みに行ったんです。もちろん飲みに行くだけなので、浮気にはならないと考えていました。

やましい気持ちがなかったので「久しぶりに同級生と飲みに行ったんだ」と帰宅して妻に話したんです。すると「その人は男性なの?」とか聞かれ「女性だよ」と答えると急に激怒。「堂々と浮気するなんて、信じられない!」と一方的に怒られました。

一生懸命弁解して、彼女の写真を見せてなんとか理解してもらいました。ややぽっちゃりしていて化粧っ気もなく、僕の好みのタイプではまったくない見た目なので、妻も「この人なら大丈夫そう」と納得したようです。

今回はなんとかなりましたが、女性と食事に行っただけで「浮気している」と騒ぐ妻に正直うんざり。むしろ隠しごとをしなかったことを、もっと評価してくれてもいいと思うんですけどね。これを機に(面倒くさくなりそうなことは隠しておこう)と考えるようになりました。

■上司の同伴のつもりが…(亮真さん/27/建設関係)

iStock.com/kokouu ※画像はモデルを起用したイメージです

会社の上司は、とにかく女性がいるお店に飲みに行くのが大好きなんです。つきあいでキャバクラやクラブにお供することもよくあったので、妻も理解してくれていると思っていました。

ある日上司が「お気に入りのホステスと食事に行きたい!」と言い出したので、食事に行くことになったんです。面倒くさかったし、上司と一緒なんて気を遣うだけなので、正直「同伴くらいひとりで行ってくれ!」という感じでした。

その後妻と話しているときに、ひょんな流れからホステスたちと食事に行ったことがバレ「浮気した」と大騒ぎ。「デートだ」「コンパだ」「最低だ」とさんざん罵られました。

やましい気持ちがあったならともかく、上司の誘いでしかたなく行った食事だったので、理不尽に責められたくはありません。一方的な態度にイライラを抑えきれず逆ギレしてしまい、妻を泣かせるハメになりました。

泣かせるほど怒ったのは悪かったと思いますが、こっちの事情も聞かずに浮気と決めつけて大騒ぎするのは、男からすると面倒くさいですよ。

iStock.com/monzenmachi ※画像はモデルを起用したイメージです

妻としては、夫が異性と2人きりになるのは、やましいことがなくても嫌なもの。でも、多くの男性は「食事だけ」は浮気に入らないと考えているよう。「面倒な妻」と思われないように、夫を信用する気持ちを忘れないでいたいものですね。

 

 

ライター:白藤 やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る