注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「浮気されたトラウマ」が消えない妻〝夫の逆ギレ〟が心の傷に塩を塗りこむ!!

コミュニケーション

2019.09.10

パートナーに浮気された心の傷は、そう簡単に癒えることはありません。忘れていると思っても、ふと当時のことを思い出して、悲しくなったり不安になったりすることも。そんなときに、悪びれるどころか、さらに「追い打ちをかけるような逆ギレに遭った」という妻たちが、話を聞かせてくれました。

 

 

iStock.com/Vichakorn

■そんなんだから、他に行きたくなるんだよ!(真美さん/34/プログラマー)

妊娠9か月に入ったころ、旦那の浮気が発覚しました。原因はよくある、妊娠中のセックスレス。「身体だけの関係で、愛情はなかった」と謝罪されたので、生まれてくる子どものために、ぐっとがまんして結婚生活を継続することにしたんです。

最初こそ申し訳なさそうにしていた旦那ですが、長女が生まれて2か月も経ったころには、平気で求めてくるようになりました。初めての育児と連日の寝不足に疲れ果て「ごめん! 本当に疲れてるの」と断っていたのですが…ついにある日「お前がそんなんだから、他に行きたくなるんだよ!」と言ったのです。

驚いて何も言えずにいると「もう、いい!」と背中を向けて寝てしまいました。そもそも浮気をしたのは旦那なのに、どうして私が怒鳴られるのか。娘の寝顔を見ていると、涙がボロボロ出て止まりませんでした。このまま我慢の結婚生活を、続けなければならないのでしょうか。

■突然泣き出してしまうトラウマに(咲さん/38/飲食店店員)

iStock.com/itakayuki

私たち夫婦にはなかなか子どもができず、不妊治療を続けていました。何度目かの治療でやっと妊娠でき、無事出産したところに旦那の浮気が発覚。「妊娠のためじゃなく、楽しんでセックスがしたかった」と、いかにもまともそうな理由を言いました。

当然、納得はできませんでした。でも私も治療中は余裕がなかったので、「旦那を追いつめていたのかもしれない」と思い、許すことにしたのです。そして子どもが2歳になると、旦那が「ふたり目がほしい」と言い出しました。

でもその瞬間、急に当時のことを思い出してしまい、つい泣いてしまったのです。すると旦那は「許すって言ったじゃないか! まだ責めるのかよ」と吐き捨てるように言いました。そして続けざまに「もうふたり目なんていらない!」とそっぽを向いてしまって。

傷を癒すどころか、ふたり目を安心して作ることもできないなんて…涙がさらに溢れ出て止まりませんでした。結局それ以降、旦那とはその話をしていません。

■信頼ゼロなのに疑うことも許されない(理恵さん/34/葬儀社員)

iStock.com/CreativaImages

旦那が浮気をしていたころは、いま思えばとてもわかりやすいサインがあったと思います。平社員にはそうそうあるはずもない、急な出張や休日出勤が増えたり。明らかに家にいない日が続いていました。

でもそのころの私は、双子育児の真っ最中。旦那が何をしているのかなんてたいして興味がなく、気にする余裕もありませんでした。結局、その間に浮気をされてしまったんですけど。浮気が発覚し、相手とは別れて夫婦のやり直しを決めました。

でも、いままでのように信頼することはやはりできません。本当に休日出勤をすることになっても「本当に仕事なの?」といつも聞き返してしまいます。すると「別れたって言ってるだろ! いつまでも疑っているんだよ!」と怒鳴ってきました。

浮気をしたのはあなた。どうして「別れた」と聞いただけで、夫婦の信頼関係が回復すると思っているのでしょう。疑われてもしかたないことをしたのに、開き直る神経がわかりません。

iStock.com/itakayuki

いつまでも許せない気持ちは理解できますし、ふとした瞬間に記憶が蘇るのは仕方ないことです。でも「結婚生活をやり直す」と決めたからには、心の奥底にぐっと飲み込んで、気持ちを切り替える必要がありますね。

 

ライター:矢島 みさえ
心理カウンセラーとして勤務しながら、ライターとしても活動中。オタクな母と同じ道を歩まぬよう、2人の娘には、王道のアニメしか見せていなかったにも関わらず、長女は創作活動、次女はマイナー路線への道を歩み始めていることに、少し頭を悩ませています。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る