注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妻のパート代は月5万円…この金額で「家事分担」の配分がおかしいだろ!!

コミュニケーション

2019.08.28

家事分担を決めるとき、お宅では何を目安にしていますか…完全に半々? それとも仕事や収入に応じて? 今回お話を聞いた夫たちの意識の中では、どうやら「収入」が基準となっているようです。「妻のパート代にしては、自分の家事分担が多すぎて納得いかない!」と憤る、夫たちの言い分をお聞きください。

     

 

iStock.com/Masaru123

■収入4分の1、家事分担は半分の理不尽(健二さん / 35歳 / 会社員)

うちと同様、共働きしている会社の同僚と「家事もしなきゃいけない大変さ」について語りあうことが多いんですが…同僚が「でも奥さんの稼ぎがあると、だいぶ生活に余裕が持てるよな」と、言ったんです。

「ん? ウチはそうでもないんだけど…」と言ってしまいました。そして「妻の収入」を教え合う流れに…そのときになって初めて、私が「妻のパート収入」を詳しく聞いたことがないことに気がついたんです。

仕事から帰ったらまずは家事分担の「洗濯」、そして「食後の洗い物」。それを片づけながら、さっそく「いくら稼いでるの?」と聞いてみました。すると妻は「5万円いかないくらいかな」と…同僚たちは、10万、15万と言っていたのでびっくり。

思わず「えっ!?」と声が出て、洗っていたお皿を手から落としてしまいました。「ちょっと! 割れたらどうするの、ちゃんとやってよ!」と怒鳴られながら「収入は俺の4分の1以下なのに、家事は半分ずつって、おかしいだろ!」と思いっきり言ってやりましたよ…心の中で…。

■「育児はほとんど私じゃない!」って言うけど…(裕樹さん / 30歳 / 販売員)

iStock.com/lukas_zb

5歳の娘と、2歳の息子を育てながら、共働きしているわが家。毎日の掃除と洗濯、そして休みの日の食事作りが、私に課せられた「家事分担」です。結婚当初から共働きで、もともと掃除と食事は半々、洗濯は妻がやっていました。

当時はうまく分担できていると感じていたんですが…妻が妊娠・出産し、子育てに忙しくなったころから、私の分担が増えていったんです。産休が明けて妻は仕事に復帰しましたが、時短勤務なこともあり、以前ほど稼げなくなりました。

その頃から(稼ぎと家事分担の比率がおかしいのでは?)と感じるように。だからといって妊娠や出産の大変さは、実際に体験しないと本当の理解はできませんから、なかなか言い出せないじゃないですか。

で、子育てもひと段落したときに「そろそろ落ち着いてきたし、家事分担を見直してみない? 以前ほど仕事はしてないし…」と言ってみたんです。すると「育児してるのは、ほとんど私じゃない! 仕事は〝してない〟んじゃなくて〝できない〟のよ!」と一蹴されました。

でも。僕が仕事から帰っても、子どもは適当にあしらいながらテレビを見てますし、週末も公園や買い物に行くついでに、ママ友たちと遊びにいってるみたいなんですが…それも「大変な育児」の一環なんでしょうか!?

■談判のつもりが、いつのまにか愚痴を聞かされ(直哉さん / 33歳 / 公務員)

iStock.com/lukas_zb

最近は仕事でも責任が増えて、本当に大変です。そのうえ、家に帰っても「やるべき家事」が待っているのが辛いですね。ある日ふと疑問に思い、思い切って妻のパート代を尋ねてみました。驚いたことに私の3分の1程度。

稼ぎから言ったら(掃除の一部だけでも引き受けてもらうのは、無理な相談ではないんじゃ?)と思い、妻に直談判しました。どうせ文句が飛んでくるんだろうと思っていると、意外と耳を傾けてくれました。

「家事っていうより、仕事が大変みたいね。何が大変なの?」と聞いてくれたので、最近の職場での仕事の話をしました。すると妻が、「あ~、それわかるかも、私も最近ね…」と、自分の職場の話を始めました。

そして結局話は、ママ友とのいざこざや、子ども同士の関係など…いつのまにか妻の愚痴を聞く状況に。おかげで「家事分担を見直してほしい」とは言い出せず、妻にうまくあしらわれたと感じたときには、もう手遅れ…しばらくがんばるしかなさそうです。

iStock.com/Masaru123

夫婦で協力して家庭を運営するのは、そもそも「結婚」の大前提。ルールをどう決めるのか、何を基準とするのか、お互いの納得とコミュニケーションが必要です。毎日の小さな不満は、やがて大きなほころびを生みかねませんよ!

 

ライター:芳野 美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る