注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【夫婦の修羅場】ママ友と〝旦那の愚痴合戦〟夫に聞かれたら…どうなる?!

コミュニケーション

2019.06.12

悪口で盛り上がっているときに、ふと気配を感じて後ろを振り返ると…そこには、本人がいて大騒ぎ! 「そんなの漫画展開、現実にはないでしょ」と思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。ママ友とうっかり油断して、旦那の愚痴で盛り上がってたら、なんとご本人に聞かれちゃったママたち。この大ピンチを、妻はどう乗り切るのか?! そして夫はどう出たのか?! 身の毛もよだつ、夫婦の実話です(笑)。

 

■ですよね、やっぱ聞いてましたよね(みどりさん/32/派遣)

Shocked bearded man with open mouth

iStock.com/FYMStudio

旦那がお風呂に入っていたとき、ママ友から電話がかかってきました。内容は「ご主人と喧嘩した」というもの。話の感じだとそのママ友は悪くなく、一方的に旦那さんから責め立てられただけのようです。

私は、彼女を慰めようと「うちの旦那もひどいもんだよ~」と旦那の悪口を言ったんです。「安月給なのに偉そうだし、家事はなんにもやらないし、おまけに靴下がドブみたいな臭いなんだから!」

電話の向こうのママ友が、クスッと笑ってくれたことに安心したのもつかの間…ふと振り返ると、呆然とした表情の旦那が立っていました。テンパった私は「あ、ちょっ…もう切るね!」と大慌て。

(どうしよう、どうしよう、どうしよう!)頭のなかはこればっかり。そして気がつくと、手に持っていたスマホでテーブルを拭きながら「あら、早かったのね! おかえり〜!」と言っていました。

(聞いてないかもしれない…そうよ、何もなかったことにしよう!)。そう決めた私は「お風呂入ってくるね!」と明るく言って、とりあえず入浴。しかし出たころには、いつも私を待ってくれている旦那はすでに就寝していました…やっぱ聞かれてましたよね~。

■あなた…どうしてここにいるの?!(比奈子さん/32/パート)

Friends chatting with wineglasses at home

iStock.com/Milkos

その日は旦那が外出し、ママ友が家に遊びにきていました。そうなると話のネタは「旦那の愚痴」と相場が決まっています。いつものように、次々と繰り出されるママ友の愚痴に、私も負けじと応戦します。

「男は仕事、女は家庭を守るもんだとかっていうくせに、全然給料上がらないのよ?」
「仕事ができないなら家事のひとつもしてほしいわ~。態度だけデカくなられても困るって」
「そもそも、顔が好きじゃないの! しかも最近、いっそう脂ギッシュというか…」

こうなったら、もう止まりません! しかし、ふと視線を感じてドアのほうを見ると…外出したはずの旦那が、立っていたんです。(なんでいるの?! てかやばい、全部聞かれてた!)と頭が真っ白になる私。

とっさに、「いま、○○さんちの旦那さんの話で盛り上がってたのよ。ねえ〜!」と、保育園のママ友の名前を出しつつ、目の前のママ友に目配せする最低な私。ママ友も「あ、そうそう!」と話を合わせていましたが。

それ以来、旦那の態度が冷たくなったような気がしているのは、私の気のせいでしょうか…。

■ハンバーグじゃ許せない、よね(友里さん/33/看護師)

Japanese style hamberger or hamberg serve with gravy sauce.

iStock.com/Nopadol Uengbunchoo

マンションの玄関でママ友と会って、話し込んでいました。話の内容は「彼女の旦那がミスをして出世のチャンスを逃した」というもの。「要領が悪いのよね~、ほんとバカ!」と旦那の愚痴をいうママ友に、私も便乗。

「チャンスがあるだけいいわよ。うちの旦那なんか万年平社員で、可能性すらないんだから。結婚相手を間違えたって、毎日後悔してるわよ~(笑)」。すると突然ママ友の顔色が変わり、私の後方に向かって「こんにちは~」と気まずそうに挨拶したんです。

私が振り返ると、そこには顔を真っ赤にした旦那が!! ママ友は「それじゃ、私はこれで…」と言い残し、私ひとりを残してそそくさと退散しました。(とりあえず謝らなくちゃ)と思い、「ごめんごめん、冗談よ~」と軽い感じで謝罪。

それでも旦那の表情は変わりません。「そういえばこの前、ハンバーグ食べたいって言ってたでしょ? 今日作るから、楽しみにしててね~!」と一気に話題を変える作戦に。しかしこれもまったく効果はなく。

わが家の食卓はしばらくの間、葬儀のような静けさに包まれていました。

Wife asking for forgiveness to her husband

iStock.com/AntonioGuillem

大ピンチのときとっさにとってしまう行動は、その場しのぎや誤魔化しになってしまいがち。でもやらかした失敗は、取り返しがつきません。過ちだと思ったら丁寧に謝罪して、許してもらうべきもの。旦那さんには、しっかり謝ることをお勧めします!

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る